楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたたまれなさに包まれて。

    IMG_1583.jpg


一ヶ月振りの更新となります。
あっという間に年の瀬が「おせおせ」で迫って来ております。気がつけば後10日ばかり…。波乱と混乱と不吉な2013年も、間もなく暮れようとしています。弦巻と言えば、「トワイライト」が終演して以降はだいぶ気持ちにゆとりができました。仕事はしつつも、ライブに行ったり念願の旅行に行ったりと、短いながらも休暇(自主的な)を過ごしてます。考えるべきことや動き出してる仕事もありますが、とりあえず、ゆったりと。

弦巻楽団#19「トワイライト」は無事に全5ステージを終了しました。
終わってしまったことが、あんまりにも呆気なく感じます。
なんと言うか、ずっと稽古して来た気がするので(なんせ、ワークショップのメンバーでの公演なので都合半年一緒に過ごして来た訳です)、もっともっと本番を重ねたかった。沢山のお客様に、まずはありがとうございますを。終わった実感はすでに薄ぼんやりとしてますが、皆さんの暖かい言葉や突き刺さる言葉は残ってます。
当時の自分の言葉をFacebookから転記。

『 弦巻楽団#19『トワイライト』、全5ステージが昨日26日終演致しました。2年ぶりの新作本公演、新しいメンバーでの出発、なのに乗り打ち本番、撤去も1時間半、と言う大変なハードルな中、なんとか終えられました。無事故、と言う訳には行きませんでした。反省です。しかし、次への課題にして前を強引に振り向こうと思います。
観に来て下さった沢山のお客様、ありがとうございました。
様々な形で感想を届けてくれた皆さん、本当に感謝です。痛い言葉も、嬉しい言葉も、全部(抱きしめて)劇団の糧にしていきたいと思います。

最後の2日間は当日券を求める方が急増して、びっくりしましたが、とても嬉しかったです。「2年ぶりの新作!」と喧伝する割には地味で、さりげない展開の作品でしたが、相当のチャレンジを試みたつもりです。なので、お客様の反応が本当に嬉しかった。(役者陣は初日、お客さんが笑う声にびっくりしたみたいです。全く、もう。作者を信頼してません。)

今回は美術や衣装、小道具に至るまで参加者(つまりキャスト)で作りました。
美術プランの川崎舞さんの指示のもと、みんなで試行錯誤しながら、ギリギリまで粘りながら作りました。今作に込めた想いや、狙いや、楽団としてこれからやろうと考えてることなどは後日、ブログにまとめてアップします。お暇であれば、読んでもらえたら嬉しいです。

本当は後3回くらいは上演したかったなあ。
どこかがこの作品で呼んでくれたら嬉しいな。

とにかく、次です。続けてさえいれば、きっとまた再演できると信じてます。
参加者に最後に伝えたのは
「悔いぐらい残しなさい、」
と言うことでした。
悔いを残して、悔いを残して、
だからこそ人は諦めず歩いていけるんだと思います。 』

少し悔しさがにじみ出てる気がします。
何にどう悔しかったかはまた次にぶつけたいと思います。
TGRということで、30作品以上の演目が上演される中、ああしたテーマと作風で舞台に立てた意義を噛みしめています。

手放したく無かったのは、「加害者意識」です。
「世の中」と向き合って作品を作る時に、自分もその一部だという意識を失わないこと。
時々、力一杯「被害者」の立場で叫んでる舞台を見て、どうしても違和感を感じてしまいます。
いや、だってみんな「加害者」でしょう?と。
僕たちの意識や、常識や、善意で行われる「心遣い」が、積もり積もって、思いも寄らない片隅に皺寄せられて「悲劇」を産むんじゃないか。その構造を見て見ぬ振りするのは、あまりに無神経で、恥知らずな行為なんじゃないか。そう思って脚本は書かれました。
発端は数年前「モンスターペアレント」と「運動会」について考えたことでした。僕は10年ほど前から児童劇団や小中学校で演劇のWSをやらせてもらってるんですが、そこで様々な「父母」と出会いました。皆さん良識ある、まともな方に僕は思えました。本当に「モンスターペアレント」なんているんだろうか、いたとして、そうした親の「子供が傷つく!」と言う意見から「運動会の徒競走で順位をつけるのをやめる」なんてことが起きるんだろうか?と疑問に思ってました。
現実には、今年も「『はだしのゲン』撤去事件」なんてことがありました。
本気?本気なの?と言うのが僕の気持ちでした。
もちろん、本気みたいでした。
自分が担当者になって考えました。「子供に読ませないで下さい」と親に直訴された時に、自分ならどう答えるだろう…。
自分が同じ親の気持ちだとして考えました。
子供のクラスメートの親が「子供に読ませるべきじゃない!」と訴えてる時に、自分はどうするだろう…。
そこから、物語が広がっていきました。

巨悪は出てきません。
問題は、一部の、巨悪のせいでは無いと思うからです。
(もちろん、巨悪なんて存在しない、でも、巨悪は悪く無い、でもありません)

こうやって、僕たちはどんどん悪くなる状況に麻痺して、沈んでいくのだろうか。
と言う思いで書き上げました。

おかげさまで、TGRでは最終選考の5本にまで「トワイライト」は残りました。
ですが後一歩及ばず、無冠に終わりました。
悔いはあります。
だからこそ、次に向かいます。
次回はいよいよ#20(!)「ダーン・ザット・ドリーム(仮題・新作)」です。
その前に、このワークショップ「演劇研究講座」の1年間の成果公演を3月に行います。
現在脚本を参加者で選定中。初めて、弦巻の過去の脚本に材をとるかもしれません。
3月の2週間、劇場に籠もりっきりで仕上げます。
この2週間からの参加も可です。
詳しくはアナウンスをお待ち下さい(シアターZOOのステージニュースで既に公開されてます)。

IMG_1373.jpg
何もかも見えなくなる、夕暮れ。新人団員3人による幕引き。

IMG_1436.jpg
ワークショップ参加生の二人。と、アドバイザーとしても協力してくれた客演の千念達正(シアターカンパニーZERO)。

IMG_1472.jpg
本職の先生から「汗を掻いた」と言われた議論の場面。

IMG_1535.jpg
約1年ぶりに山根万理奈さんのライブに。

IMG_1601.jpg
3月の候補作。なつかし!

IMG_1571.jpg
メリークリスマス!

IMG_1592.jpg
弦巻楽団は無冠でしたが、弦巻脚本の「茶の間は血まみれ」が特別賞(Lチキ半年分)を頂きました。

IMG_1738.jpg
サラブレッドの地に旅に出ました。

IMG_1776.jpg
3年住んで初めて天井から雨漏りが!業者さんによる予想以上の大工事が行われました。
スポンサーサイト

 < 2014年も同じように + #19 トワイライト > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。