楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまだ幽霊継続中。

    IMG_4254.jpg

公演終了後、美味しいものばかり食べていたら10日足らずですっかり(見た目は)回復した弦巻です。
年をとると贅肉がつき易くなるなあ。気をつけねば。
と、言う訳じゃないのですが、恒例?の「からっぽの時の山」と言う訳で円山に散歩がてら登山して来ました。
もちろんポッコのドーナツ持参して、です。

ラフランプの稽古が始まりました。まだ読み稽古を数回しただけですが。弦巻がどんな役をやるかはまだ秘密。実像に近い?役になりそうです。熱い男岩田(ラフランプ代表)から「弦巻さんのそう言う部分に期待してるんです!!」と言われました。頑張ります。頑張らない方が良いのかな…?
しかし、正直稽古場での岩田雄二の方が面白いんじゃないだろうか。面白い。熱く、空回りそうになる所を周りのスタッフや団員に止められている。良いコンビネーション。イワタスラプスティックと心の中で銘打って眺めてます。

おっと、一応disってる訳ではないと断っておこう。最近数人から「ブログ、ときどき見てますよ」と言われたし、「いない所で笑いにするのは悪口って言うんです!」と、「神の子」斉藤詩帆からも稽古場で何度も目を真っ赤にしながら言われたし。愛情なんだけどなあ。優しさなんだけどなあ。

公演終了後観に行って印象深かったのはWSでご一緒した平原慎太郎と東海林靖志のzanahoria公演「境界」。
いやあ、素晴らしいなあ。身体が時間や空間を伸び縮みさせる瞬間を体験しました。もっと言葉が無くても良かったのと、後半のような「コンタクト」が前半からも観たかった。いや、後半だけだから良いのか。どちらにしても、たった二人で劇場を別世界にしていました。凄い。

先日は劇団アトリエを観劇。
これについてはツイッターでかなり呟いたので、まとめ記事を後ほどアップします。
相変わらずイライラするくらい着実であり、堅実な歩み。ハッキリとした成長も見せてくれました。
「誠実」と言う点に関しては若手だけじゃなく全札幌の劇団の中でも最も自己批評性を発揮している劇団なのではなかろうか。所謂エンターテイメント作品ではなくても、エンターテインしてくれました。
ちなみに弦巻のツイッター→ trmkkt

吸収吸収と言うことにかこつけて、美味しいものを食べてばかりいます。
自分で作った塩豚で「幸せ♡」と感じられるのですから安い人間です。安くて良かった!!

グラノーラ
今月一番!と言う中の一つ、Salon Cojicaで食べたグラノーラ。
これ家に取り寄せたいくらい美味しかった。どうしたら良いのだろう。
期間限定メニュー(予定では5月いっぱい)。
グラノーラファンはぜひ。

オットウーノ
同じく今月の一番!
信頼の「オットウーノ」でまたもや「メインか!」と心の中で唸った前菜「ホワイトアスパラと生ハム(温玉ソース掛け)」。アスパラの肉汁(野菜汁?)が咬むと口中に溢れ身体中に滋養が染み渡る気さえする一品。

IMG_4221.jpg
さらにお世話になった方に…とお取り寄せたのが、奈良の「くるみの木」のジャム。
勿論自分の分も抜かり無く…。昨年衝撃を受けた「パイナップル」と「イチゴ」の2種類。
知人に差し上げる際は「子供に見つからないように!」とこっそり耳打ちして忠告してしまう味です。

他にも遂に、念願の「ヤスイ料理店」に行って来ました。終演直後に半ばふらふらになって。
さんま定食があまりに美味く、もう一品と「牡蠣のムニエル」をオーダー。これがまたとろけそうになるくらい美味かった!
ヤスイさんには近々また伺う予定なので画像はその時に。何を頼むか今からワクワクしています。

と、食ってばかりじゃなく、行って参りました「Mr.Children」イン札幌ドーム!
「POPSAURUS」!!!!!!!

知人に誘われ、初ミスチルでした。考えてみるとこれまで100回近く(嘘、大げさ50回は確実だけど)入っている札幌ドームにお客として行くのは2回目。こけら落としの時も迷子センターで働いていたし、2002日韓ワールドカップでの伝説の『イングランド×アルゼンチン戦』の時もコンコースで使い捨てカメラを売ってました。ちなみにこの時、弦巻は全国でも3本指に入る売り上げを上げました(確か)。しかも、1人のフーリガンにもカメラを奪われること無く!全くもって、誇っても「凄いね!」と言っても共感されない勲章です。凄いことなんですよ~と言っても既に「使い捨てカメラ」が死語だしね…。

なもので会場はお客さんとしてだとどう入って良いかよく分からない。
裏からのルートの方が詳しい自信があります。とりあえず、グッズ販売には目もくれず客席へ。
いるいるいる、一面人人人。
札幌は一回こっきりなので道内中からファンが集まってました。
ちなみに弦巻以外にもこのライブに二人行ってる人間がいたが、どちらも貰ったチケットだと言う。羨ましい!
内容は圧巻の名曲のみの3時間半。熱心なファンじゃない僕でも聞いたことのない曲の全く無い構成でした。
「箒星聞けたらな~」と思っていたらまさかの2曲目!!!

えええええ!!!!!!

 
 うううれしいいい!!!!!!

 
 でも、もう?!?!

と動揺。
「でも、後半に『youthful days』が聞けたら良いかあ」と思ってると
なんと3曲目に『youthful days』!!!


えええええ!!!!!!


 うううれしいいい!!!!!!


 もっと出し惜しみして!!!!

と悶絶するいきなりのヒットパレード。
その後も畳みかける畳かける。『sign』では正直涙が…。

あとでこのライブに行った人のブログなどから「聞いたことあるけど曲名の知らない曲」をチェックしようとしてセットリストを見たんだけど、どなたのセットリストにも『未来』が入ってない。
あれ?やってましたよね、札幌。『未来』。
アンコール前。花道ステージの前後どちらかは思い出せないんですが…。「ポカリの曲や!」と思ったことは覚えてるんだけどなあ。空耳?妄想?
ミスチルファン(花道すぐ横で見ていた)知人に聞くと「やったよ~『擬態』もやったよね」(※『擬態』はやってません)と力強いお言葉。
『未来』やったと思うんだけどなあ。情報お持ちの方、教えて下さい。

ミスチル
ミスチル!
桜井和寿のワ◯毛までしっかり確認出来る大画面の画質の綺麗さ、そしてMCのあまりのピュアさに驚きました。

ラフランプ稽古前
ラフランプ一回目の稽古前。

山崎君
蓮舫議員みたいな山崎君(ラフランプ)

再会
円山でお友達と再会!!!(過去2009?2010?の同時期の記事参照)
スポンサーサイト

 < この一ヶ月の報告①「車も電波もないけれど」 + 幽霊になるということ > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。