楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011最後の更新。 誤/娯楽回顧 男優編

そんな訳で大晦日な訳ですが、割と穏やかに年を送っている所です。
来年はいよいよ年男(!)なんで、節目にしたいなあと今はぼんやりと考えてます。

年を越してしまう前に、カナリア派「誤/娯楽」をキチッと振り返っておこうと思います。
書かないと、どうせいつか忘れてしまう僕のためにも。
前回予告したように共演者陣について触れていきたいと思います!
粗相を犯し、足を引っ張る弦巻を暖かく、時に厳しく、時に厳しすぎる扱いで見守ってくれたみんな!
今回は男性編。あー、写真で見ると既に懐かしい~。

芝原君
黒色綺譚カナリア派の良心(の筈だったのに…)、黒一点、芝原弘。
非常に社会性のある、礼儀正しい常識人。稽古も劇団の業務も手を抜かないプロフェッショナル。演技の集中力と機転の利き方が素晴らしく感心しきりでした。劇団でお姉さん達に囲まれ、こきつかわれ?いろいろな業務をこなす雰囲気からMっぽいかと思えば、後半加速していった「弦巻いじり」でもっとも残忍性を発揮した底の見えない人。普段礼儀正しいMな人ほど容赦ないSへと転化する、と言う弦巻の持論が補強されました。写真は出会ったその日、弦巻のシェアハウスまで布団を運んでもらってる途中の中華屋。「良い人だな~エライな~ちゃんと客演だからと思ってるんだなあ~」と感動してたら、後日小屋入り後、「今なら俺運ばないわ~」と衝撃の発言を残す。
彼が本番中も楽屋に戻って来ては劇団業務をさくさくこなす姿は衝撃的でした。
こんな劇団員がいる赤澤は幸せだなあ、と心から思う。

サプラーイズ
本番3日目、誕生日を迎えマチソワ間の稽古中にサプライズケーキで祝福された京都・悪い芝居の山崎彬。
僕と相対する「役人」役。力強くドッシリした演技で「誤/娯楽」の芯を見事に演じました(一番最後に稽古に合流したのに!!)。本当に頭の回転が早く、かつ周囲の空気を上手に読むその繊細さに座長としての懐の深さを見ました。いついかなるときも「笑い」に発展する種を見逃さず、場を明るくしてくれる存在でした。僕の失敗も「誤摩化せたかな…」と思ってると必ず彼に見つかりました。
読解力があり、脚本の本質を掴むのが早く、「誤/娯楽」と言う物語をより開かれた舞台にした功績は彼の存在・演技が大きいと弦巻は思ってます。

ハリケーンディスコ
弦巻と同い年、福岡の(現在は上京)ハリケーンディスコと言う劇団の江崎穣。
年が同じと言うことでキン肉マンに始まり数々のマンガや芸能の「同世代トーク」で弦巻の心の拠り所となってくれた人。赤澤が舞台を見てスカウトしたと言う位、演技の凄みが光る役者さん。今回「下男」役の、彼の堪えに堪えた後の切れっぷりに度肝を抜かれたお客さんは多いでしょう。
普段は寡黙で落ち着いた存在、弦巻が調子に乗るとたしなめてくれたのも彼。
ハリケーンディスコでは女装したりする江崎さん。今回の男気溢れる演技(あの女優の足のなめっぷり!)からは想像つかない、引き出しをまだまだ秘めた存在。
なんせ写真で着てるフリース、お気に入りなのか何故か色違いまで持ってました。
これ → 色違い


加藤文也
今回が初舞台、普段はモデルとして活動してる身長185㌢、加藤文也。
女優の山下さん以外とまっっっっっっったく絡まない彼。そして15㌢の高下駄を履かされた彼。
初めは緊張してたみたいで自分からあまり喋らなかったが、段々と打ち解けると非常に子供のようになついて周囲を和ませてました。「大人の社会性」と、好奇心旺盛な「素直さ」が危ういバランスで存在する(故に)魅力的な若者。この力一杯ピースの写真でその魅力が伝わるんじゃないかな…。
偉そうな物言いだけど、このまま成長して欲しいなあ。勉強熱心で、その腐らずに稽古に励むひたむきさが印象的でした。臆病な部分と、勇気ある部分が共存する今のうちに沢山の人に見て貰いたい役者さん。
聴いてる音楽が80~90年代の物ばかりの奇特な若者。ワンズやフィールドオブビュー、他にもXやLUNA SEAが流れて来たら大体彼のプレーヤーでした。「この時代の音楽の方が絶対ええですもん」

福原冠
オーディションを経て出演したフリーの役者、福原冠。まともで、常識人で、賢く落ち着いてるようでありながら一番底の読めない役者。一番ぶっ飛んだアイディアやファンキーなことを口にするのが彼。それでいて、演技はひたすら熱心に、真摯に取り組んでいました。誰より台本を長く開き、誰より長く舞台に居続け、完全にあの「誤/娯楽」と言う世界に(役の通り)闖入した旅人になってました。
時にDJもしたりするらしく、芝居以外の話も盛り上がりました。特に音楽の話が出来て嬉しかった!
なかなか真意の見えない彼、打ち上げでも盛り上がる30代に遠慮してか20代組はおとなしめだったのですが、徐々に疲労で意識の飛ぶ姿と、マイクを振られると一気にテンションが上がる彼のオンオフの切り替えが弦巻はツボでした。
眠いよ
眠くなった福原冠(中央奥)。

いけないいけない
眠気と闘いつつ赤澤の歌に「聞いてます」と言う表情をキープする福原冠。
(二つとなりは沈没する片桐はづき)

ぼー
完全に魂が飛んでる福原冠。

は!
「いかん!」と水を飲んで意識を再び取り戻す福原冠。


次は年明けになっちゃうけど女優+ラジオ編。

あと一時間を切りました、2011。
なんと言っていいか分かりません。
一つだけ分かるのは、何も変わっていないと言うことだけです。むしろ状況はより熾烈に、戦いは過酷となっていると言うことです。なにに、どう戦うのか。僕は10年前、ちょうど10年前、「戦わないこと」を一つの指針としていこうと決めました。その選択が、言葉が、本当に有効な物なのかどうかを今一度考え直しています。出来ることを全てやっているか、何一つ後ろめたいことは無いか。逃げてないか。抱え込んでいないか。
僕はずっと考えてます。その逡巡が今年の「死にたいヤツら」であり、「SWEET SOUL」であり、「ラブレス」であり、「テンプテイション」でした。
本当に、沢山の応援、観劇、ありがとうございました。

来年も色々とやります。
劇団公演は勿論、客演も、そして2月にはあの!皆さんお待ちかねのイベントも!!!
エレガントに、しなやかに、時に厳しく、弦巻楽団は続いていきます。
良いお年を。
2012年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

 < 新年のご挨拶 + 『誤/娯楽』回顧 女優と声編 + 札幌帰還。黒色綺譚カナリア派『誤/娯楽』17ステージ終了。 > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。