楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンプテイション終了。オラ東京さ行くだ。

     パシッとね!!


おかげさまで予想通り週末の訪れとともに一気にご予約のお客様が増え、月曜日と千秋楽の火曜日は満員御礼で上演することが出来ました。弦巻楽団#16「テンプテイション」、ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。ツイッターやブログで沢山の感想、ご声援、御批判ありがとうございます。全て満身で受け、明日へ繋いでゆく所存です。

例年通り難航した執筆だったのですが、メンバーの結束力に今回は救われました。本当に同級生みたくなっていきました。いじられいじりの配役は実際は変更あれど、いいコンビネーションが生まれていきました。アンケートでも「本物の同窓生みたいで楽しそうでしたね」と言う声が意外なほど(!)多かった。いえ、投げ遣りだった訳じゃありません。ですがしかし、例えば僕と「融」役の潮見太郎とは8つも年が離れてるのです。弦巻がいくら童顔だとはいえ、同い年として振る舞うのは無理があります。正直半分諦めてました。むしろ「ぎこちなさ」の具現に心がけておりました。「同級生っぽい」は「親友っぽい」と同じように意識し間違えると目も当てられないことになります。なので、見えるかどうかは気にせず、稽古することにしました。
その「意識の無さ」が却って良かったのかもしれないなー。
いえ、やはり松本さんの「校長先生」に見つめられてるのが大きかったのかもしれない。
ナイスボイスだったでしょう?流石でした。
あの大きな懐に包まれていると、いろいろと感じ入るものがありました。
と、思うことしきりの午前3時。

大好評だった墨絵に千秋楽の前、みんなで手を合わせ拝みました。本当に支えられた。長い間みているとあの艶かしさもあって、本当に生きてるみたいでした。このページやツイッターの画像でしか確認されてない方!もったいない!こんなもんじゃなかったんですよー!生は。生は。

毎公演新しい「語り方」にチャレンジしております。今年は4公演と目一杯やったので…最後を飾るこの作品は今までに無い小さな声の作品となりました。凝って凝って練りに練った作品を書く、と言うことから(ある意味淡々と)遠ざかり、いかに「何も無い・起こらない」物語で、深い所まで到達出来るか、と言うアクロバティックな試みにチャレンジした作品でした。

昨日は千秋楽あと、打ち上げ、更に我が家で2次会…となかなかにボリューミーでした。結局みんなが寝たのは朝7時。そこから少し仮眠を取って→劇場に最後の荷物を搬出に。→終わって18時から教文で「ハプニング」のミーティング。終了したのが23時。

ああ、大変だった。でもまだ明日までの業務が終わってない。ちょっと焦りだしてます。

そう、すぐ次が、すぐ過ぎるほどに迫ってます。
とりあえずご報告。
弦巻、明日には東京に向かいます。あと8時間後です。なぜって?
それは、なんとワタクシ、
黒色綺譚カナリア派の『誤/娯楽』に出演致します!!!!!!!!!!!!

黒色綺譚カナリア派のHP
http://www.kokusyoku.com/http://www.kokusyoku.com/

ご予約はこちらから!
http://www.quartet-online.net/ticket/gogoraku?m=gaaghbc
千秋楽のチケットが残部僅少となっております!お早めにお求め下さい!
東京に親戚縁者演劇仲間観劇友達がいらっしゃる皆さん!!
ぜひお薦め下さい!演出赤澤ムックの個性溢れる(きっと)嘆美な世界です。耽溺して参ります。

稽古も向こうでの滞在となります。約一ヶ月帝都での生活です。
しかしー!まだ荷造りも終わってません。
あああああ。
11時半の飛行機に乗ると言うのに…。ぎゃー!
スポンサーサイト

 < バタバタと二週間 + #16 テンプテイション > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。