楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#15『ラブレス』終演報告

    舞台で記念写真

えー、すったもんだのあげく無事終演致しましたー!!ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!最終日は満席に近い状況で「来た人全員入れるよ!」と豪語した小室Pもちょっとヒヤリとするほどの混雑でしたが、楽しんで頂けましたでしょうか?!11年ぶりに再演された「ラブレス」!!弦巻の近作にはなかなか無いパワーと荒っぽさに満ちた台本、エネルギーと個性溢れたキャスト、コンカリーニョに現れたモモンガ町の禍々しき姿!!久々の「エンターテイメント大作」、いかがだったでしょうか?

今回はさすがに、と言うかやはりと言うか、強いリアクションが帰って来ております。ありがとうございます。近作の弦巻楽団が「観客に寄り添う」ことを目指してるとしたら、「ラブレス」は正面から斬りつける作風です。その違いが感想や、終演後に書いて頂いたアンケートにも現れてました。悔恨と、自責と、郷愁にかられたことのある魂同士の共鳴だと思って深く感謝しています。

最後まで盛況な中上演出来たこと、事故無く全ステージを終えられたこと、そして何より、このメンバーが集まったこと、全ての奇跡に感謝を。神様に喧嘩を売るような不届きなこの舞台が成功したことを、あまねく神ではなく舞台の神に感謝します。いやあ、やらせておきながら内心祈るような気持ちだった所が2、3ヶ所あった。

あのセット、結構高いんですよね。その割に結構上に登ることになる石田役キックは最初、階上では全く足が動かなかった。みんなでゲラゲラ笑って稽古を見てました。最後の格闘をするエレキ×山崎コンビも相当ギリギリでした。初めは怖がってた豪徳寺セーラもぐいぐい前に出るようになって、却って後々心配になった。

唯一初演を知るエレキは初演の「良靖」(コオロギ)では無く、「サドル」にコンバートされました。本人はコオロギもやりたかったみたいですが、やはり、書いた作者にとっても謎の人物「サドル」にはエレキしかいない、と思い配役しました。プレッシャーもあったみたいでした。「へらへらしてて何を考えてるか分からない人物」と言うのは演じる人間には手がかり無く難しい部分があります。けれど、エレキは見事に一本筋の通った「サドル」を演じてくれました。作者である僕でさえ、「サドル」の哀しみが透けて見えるようになるなんて考えてもいなかった。11年前のラブレスより、こうした「深化」はあちこちで出来たと思います。

11年前の作品なので、「古くさい」と言われるかなあ、とか懸念もあったのですが、蓋を開けてみれば少なくとも「物語」には全くそうした意見はありませんでした。ダンスがあったからか、演出面で「懐かしい」とかは言われましたね。いやあ、楽しかった。振り付けはみんなで、主にキャストのナナが考えました。観てる人もまさか!と思ったのではないでしょうか。まさかのダンス!しかもライオンキングやDJオズマに対するオマージュまで盛り込まれた!!しかもドラマが佳境を迎える後半、70分を過ぎた辺りで!!!なにもかも台無しにするかもしれないのに!!!!まさにアバンギャルド!!!!!

最終日、「上戸彩に見えますか?」で一番の爆笑をかっさらっていった楽太郎。稽古も含め一度もネタを変えずに、まるで刀を研ぎすます武士のように、陸奥圓明流の継承者のように、業を(「上戸彩」を)鍛える姿は参加者から尊敬を集めてました。貫禄あったなー。それで最終日一番爆笑を勝ち取るんだから、さすがです。

最終日はよもやのトリプルカーテンコール?と迷うほどの拍手をいただいて、本当にありがたかった。
技術では一番になれません。でも全員の知恵と努力で、あそこまで辿り着けたんだと思います。「伝えるべきテーマがある」それだけが僕たちの強みでもありました。もがき続け、ぶつかるだけの物語が既にあったのだと思います。この11年を経て、古びない、色褪せない物語を手に出来たことに感謝を。思えば、当時は「最先端でも流行でもなくていい。普遍的な不安についての物語を描くのだ。」と鼻息荒くしてました。とりあえず、この11年を越えたことで少しだけその普遍を証明出来たのだと思います。まあ、でも、ここから5年は分からない。またもっと先に。でも、そのときだって証明してやるぜ!!と思います。

一人一人について書きたいことが山のようにあるんですが、何せキャストだけで15人もいるのでそこは我慢。

その代わり、ちょっと異例ですが全キャストを一挙に公開。
彼らはまだ若く、ベテラン組だってまだ30代になったばかりですが、これからの札幌演劇界をどんどんと盛り上げてくれると思います。頼もしく、ちょっと怖い。負けてられません。弦巻楽団も、すぐに次に向かいます。乞うご期待!

「ラブレス」出演の15人。

青木巧璃子(yhs)山崎孝宏小池瑠莉(劇団アトリエ)
能登屋南奈小山佳佑小林エレキ
深浦佑太(ディリバレーダイバーズ)吉原大貴(演劇ユニットブレブレイン)阿部星来(劇団パーソンズ)
小佐部明広(劇団アトリエ)佐藤愛梨(劇団アトリエ)楽太郎
柴田知佳(劇団アトリエ)菊地英登(劇団イナダ組)村上義典

本当に感謝。
スポンサーサイト

 < 弦巻楽団 新ホームページのお知らせ + 弦巻楽団#15「ラブレス」 > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。