楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀の大作

こんばんはー。すっかり夜更けの更新が慣例になりつつある楽団日記です。
夏までのお仕事が一段落し、秋に向けての準備で気分が変わりつつあります。あー、そうだ、俺演出するんだ、と、たった2ヶ月演出として現場にいなかっただけで勘を失ってしまったような気分になっています。
先日次回公演#15『ラブレス』の顔合わせが行われました。殆どが初対面同士という20名が集い、稽古場のあるあけぼのの給食堂bioで食事をし、自己紹介をしました。なんか、やたらフレッシュでした。なんせ、ここ数回の弦巻楽団出演陣の平均年齢を大きく下回るキャスト陣です。平成生まれ率の異様に高い座組となりました。「それめっちゃ昭和のフレーズwww」と何度かメンバーに言われました。良いじゃないか!昭和生まれだもの!
「ラブレス」は再演です。なんと初演は2000年(!)です。最近気付いたんですが、『20世紀』(!!)の作品です。いやあ、良く生き残っていた、11年も。実は再演に当たって脚本を探したのですが僕の手元になく、運良く初演の音響をしてくれたスタッフさんが保管してくれてたので、再演が実現しました。ふふ、過去にこだわらない男なのです。僕は。

今日はZOO11の反省会がありました。
みんなの「もっとこうしたら?」「こうしたら良かったんじゃないか?」「もっとこう出来たんじゃないか?」と言う言葉を聞いて、本当に今回は充実した演劇祭だったなあ、と感じました。2年前はもっともっとみんな他所他所しい意見しか出せませんでした。
ZOO11ブログもちゃんと更新して締めくくろう。

札幌ハプニング、新作を行います。
今年も教文演劇フェスでWSをさせて貰いながら、新作興行に臨みます。
「アピアランス泥棒(仮)」と言う演目です。
興味のある方はぜひ参加して下さい。どなたでも、初心者でも参加出来ます。

札幌ハプニングWS こちら (このページの一番最初に出てきます)

せっかくの夏じゃないですか。
思い出に残る夏にしないでどうするんです。記憶に残って、忘れたくても忘れられない、傷のような夏にしましょう!エンドレス・サマー。シーズンインザサン。夏に恋の一つも出来無いやつはバカだ!は、織田裕二の台詞。
(Q さてなんのドラマでの台詞でしょう?)

ただいま先ほど小西康陽のブログで読んだ「夏に聴きたい曲50」をyoutubeで聞きながらキーパンチしています。うーん。いまいち暑くなりきらないからか、今ひとつ気分が出ない北海道の夏です(頭韻)。来たら来たでうっとうしいのですが、熱帯夜が恋しいですね。
小西康陽は、正直音楽より文章が好きです。ひしひしと、音楽への愛情が伝わってきます。伝われば伝わるほど、それだけ「音楽」を必要とするほど、哀しみや絶望に満ちた氏の世界が感じられます。新作のタイトルにガツーンと来て、さらに唯一オリジナルの一曲目のタイトルが「ひとりで眠ることを学ぶ。」ですよ。自由律俳句ですよ、これはもう。ガツーンと来ます。

で、ラブレスに向かうわけですが。
ずっと再演したい、と考えてた作品です。
実は#11「equinox」の時頂いたアンケートで「『ラブレス』をもう一度観たいです」と書いてくれた方がいました。ありがたいことです。僕もずっと「観たかった」作品です。やっと実現します。あのアンケートの方は、観にきてくれるかな。
なかなかの大作です。
ちょっと僕も初心に返って体当たりで演出します。がるるるるる。

会食
bioを埋め尽くしたラブレス参加者一同。
スポンサーサイト

 < 髪を切った日(10ヶ月ぶりに) + シュート、スピード/キル、ライト > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。