楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弦巻楽団 改めまして

(現在ホームページ本体が原因不明で閉鎖中なので、しばらくの間こちらで基本情報を。通常の「ブログ」としての「楽団日記」は次の記事からになります。)


弦巻楽団とは、脚本・演出家である弦巻啓太が様々な表現者との共同作業で上質かつ先鋭的なウェルメイド・コメディを上演する「劇団」プロジェクトです。
2003年に発足。2006年より本格的に活動を開始、一年間に3~4回の本公演・地方公演を行っている、札幌でも有数の活動数を誇るバイタリティ溢れる劇団です。

その作品は様々なジャンルを横断、刷新しながらも、間口の広いエンターテイメント性を有し、演劇の知識の有無や観る者の年齢を問わない本来の意味での「ウェルメイド・コメディ」として、広く支持されています。


弦巻啓太は現在並行して野外演劇を「現代アート」として再定義するプロジェクト『札幌ハプニング』の企画・演出、演劇を始めてみようと考えている人々を対象にしたワークショップ『ツルマキ・アーケストラ!!!』、今までに無い「具象舞台の中で創造性を磨きあう演劇祭」シアターZOO演劇祭をプロデュース(任期09~11)
するなど、広範に精力的に活動中。地域の演劇活動の活性化に務めている。


~ 弦巻楽団のこれまで ~

遊戯祭06 死ぬ気で遊ぶ! 近松門左衛門祭り 最優秀賞
2006年 アートステージさっぽろ 札幌劇場祭 大賞    
         受賞(ともに#3「死にたいヤツら」に対して)

2008年 アートステージさっぽろ 札幌劇場祭 舞台美術賞
         受賞(#8「子供のように話したい」)

2010年 アートステージさっぽろ 札幌劇場祭 脚本賞
         受賞(#12「音楽になってくれないか」)

※ 各地の演劇祭にも積極的に参加。
こまばアゴラ冬のサミット 
    (東京・2008年 #6「エブリシング・マスト・ゴー」)
演劇博覧会 カラフル3 
    (愛知・2009年 #81/2「神の子供達はみな遊ぶ」)

学校公演(芸能鑑賞事業)
    (帯広市民文化ホール大ホール・2009年 #9「果実」)


また、弦巻啓太は演技に関するワークショップの講師や、綿密な取材に基づいた地域への脚本提供など、外部への書き下ろしも行っております。


◉ 募集

現在弦巻楽団では、ともにプロジェクトを進める劇団員を募集しております。
弦巻楽団の作品、また作品づくりに興味のある方は電話、またはメールにてご連絡ください。折り返しご連絡させて頂きます。
他にも弦巻楽団、弦巻啓太に公演・執筆・演出などのご依頼の際もこちらまでご連絡ください。

☎ 09028729209 (弦巻楽団)
メールアドレス tsurumakigakudan@yahoo.co.jp


◉ ツルマキ・アーケストラ!!!
次回は7月中旬から下旬にかけて行います。
参加希望の方はお気軽にメールをお送りください。(弦巻楽団宛てで大丈夫です)

◉ さっぽろハプニング
  ホームページは こちら

◉ ZOO11 シアターZOO演劇祭 
  特設ブログ こちら

◉ また、弦巻啓太は現在「さっぽろネットTV」内の番組「弦巻啓太のパラダイスアワー」で毎週火曜日22時からMCを務め、札幌近郊の演劇やイベントの告知をしております。
公演の案内・告知をしたい方はぜひゲストのお申し込みを。

さっぽろネットTV は こちら
ゲスト申し込みは tsurumaki@sapporo-web.com までどうぞ。
スポンサーサイト

 < 「ラブレス」公開稽古のお知らせ! + 髪を切った日(10ヶ月ぶりに) > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。