楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今週末!】アフタートーク!

6月になりましたな。やっと暖かくなって公園でのんびりでき嬉しい今日この頃。
演出活動が「スウィートソウル」で一段落したので、これを機に溜まってた雑事をひとつひとつ片付けようと思っています。正直何から手を付けて良いか分からないくらい混沌としているので、まずは現状把握から。劇団・個人それぞれやることを過去・現在・未来の件案にわけて処理しています。家も稽古場も整理しないと駄目なのは分かっているのですが、どちらも何をどう片付ければ良いのか。

僕は物持ちが良い方で…昨年23年使っていた毛布をやっと捨てたように、気付かないうちに長期間使ってるものが多い。捨て時が分からない。壊れないかぎり使い続けちゃう。カンペンもそう。使ってます、缶ペン。筆入れじゃなく、缶ペン。中学の時から20年以上!

捨て時・替え時が分からないんですよね。どういうタイミングで人はものを買い替えるのですか?
新製品が出たら?飽きたら?だって缶ペンとか毛布って飽きたりする?もしくはバージョンアップしたい?毛布を?

とまあちっとも片付かない我が家。
なのにまた本ばかり買ってしまう。少し時間が出来たので料理をもっと頻繁にやろう!毎日の習慣にしよう!と思い買ってきました。北大路魯山人著、「料理王国」!
いえいえ、献立の参照に買ったわけじゃないっす。なんと言うか、日本語らしい日本語に飢えてるんですね。とても面白い。
最近はエッセイや新書ばかり読んでしまう。どうやらそう言う「聞く」時期みたいです。フィクションで想像力を駆使するより、人のお話や考えを吸収したい時期。定期的にやってきます。大人になると、勉強したくなるってこう言うことでしょうか。

それでも現在進行中の仕事もやっております。
シアターZOO演劇祭 ZOO11!!
特設ブログが出来ました。 こちら

一昨年は旅館、昨年はファミリーレストランだったこのシアターZOO演劇祭、
今年の設定は「病院」です。
現在実行委員会を発足し、色んな企みを企てているところ。
乞うご期待。


そして、聞くだけじゃないよ放出もするよ、と言うことで
アフタートークに出演致します。
大阪から実力派俳優二人のがっぷり組んだ二人芝居!!
脚本は「VS KYOTO」でご一緒したニットキャップシアターのごまのはえさん。
各地で好評のこの作品、遂に札幌上陸です!!!


赤星マサノリ×坂口修一二人芝居
「男亡者の泣きぬるところ」


【日程】2011年6月3日(金)~6月5日 (日)
   3日(金) 19:30
   4日(土) 14:00/18:00
   5日(日) 14:00

【会場】扇谷記念スタジオ シアターZOO

    札幌市中央区南11条西1丁目ファミール中島公園B1F 
    011-551-0909
    地下鉄南北線「中島公園駅」1番出口より徒歩5分

    ※会場には駐車場がございませんので、
     お越しの際には公共交通機関をご利用ください。

【料金】前売2500円/当日2800円(日時指定・自由席)
    3日(金)はクチコミしてね割の日。前売・当日共2000円

4月24日(日)10:00より チケット発売開始!!

【チケット取り扱い】
    ローソンチケット:0570-00-0407 http://l-tike.com(Lコード:15449)
    righteye 06-6647-8243 http://righteye.jp/

    当日精算のご予約はこちらから
    https://ticket.corich.jp/apply/24359/

【アフタートークゲスト】
    3日(金) 19:30 橋口幸絵(劇団千年王國)
    4日(土) 14:00 弦巻啓太(弦巻楽団)
    4日(土) 18:00 イトウワカナ(intro)
    5日(日) 14:00 納谷真大(11☆9)


弦巻の出演は4日の14時の回です。
うーん、緊張する。

なんと今週はBLOCHでも二人芝居祭りが開催中。
お得連動企画!!なんと、
BLOCHの二人芝居のチケット半券を、
ZOOの二人芝居でご提示いただければ、
ななんと、500円引きで、ZOOの二人芝居をご覧頂けます!

こりゃあ嬉しい企画だ。

「男亡者の泣きぬるところ」は僕も注目してた作品です。
ごまさんの脚本もさることながら、
「カラフル3」でご一緒した坂口さんの役者姿が観れるのも嬉しい。あの見本市に一人芝居で臨んだその姿が目に焼き付いてます。劇空間を支配するあの実力が二人芝居だとどうなるのか、要注目です!!
スポンサーサイト

 < 気がつけば夏 + 短編演劇祭、公開審査!! > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。