楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロデュース終了。欲張りな日々。

降れども降れどもまだ降り積もる雪ですが、体内時計のリズムが全然直らない弦巻です。
朝方寝て昼間起きる生活を続けていると、特にこの時期は日照時間の減少も相まって、ほとんど日の光を浴びずに暮らしております。下手したら3時くらいには夕暮れがかってますからね。起きて家での仕事を済ませて外出したらほとんど夜ですもの、おまけにこの雪の量にちょいとプチ鬱です。
あー春が待ち遠しいぜ。

おかげさまで一月の活動はすべて終了しました。
日曜日まで行われていた
弦巻楽団若手つるっとプロデュース企画第一弾、演劇ユニットブレブレイン「真夏の夜の夢に魅せられて」は無事(?)に終演いたしました。ご来場いただいたすべての皆さん、本当にありがとうございます。プロデュースの難しさを改めて今回噛み締めました。正直冷や冷やどころか驚きのあまり心臓が止まりそうになる瞬間も度々ありました。オーケーオーケー、そっちがその気なら、こっちだって考えるさ。ほんと、事実は小説より奇なり、だ。退屈してる暇なんてありません。

そんな本番をかいくぐり、「演劇大学」なる物に参加して参りました。数年前から札幌でも開かれているこの企画、いつもいつもタイミングが合わず出席できなかったのですが、今年は日程の半分だけ、しかも遅刻・早退と言う半端な学生ではありましたが、参加して参りました。イヤー楽しかった。「近代戯曲研究」と言うテーマだったのですが、改めて日本の演劇が持つ深さや洗練を垣間みれました。

去年、いや、一昨年から、凄いハイペースで「放出」活動が多かったので、今年はそのペースと並行して「吸収」しようと考えてます。どうやって?
今は嬉し悲しや、活動プロジェクトが複数同時に進行しているので、「そうだ!『時間割』を作ろう!」とある日気づきました。
つまり「プロジェクトごと」に活動するのではなく、「一日にちょっとずつ複数のプロジェクトを手がける」と言う計画です。うーん、ただでさえルーズで集中力の無い自分に、果たしてこの方針が向いてるのか微妙な所ですが。
そうすれば、読書も音楽も「できない日」を作らずに済むかなーと甘く考えているのです。
だってすでに「買ったけど読めてない本」が10冊くらい待機しております。
スタージョン「輝く断片」。斎藤環「戦闘美少女の精神分析」。小林秀雄「モオツァルト・無常という事」。
ブックオフで買った古川日出男「gift」、かなり待機中ですっかり埃を被ったディーヴァー「エンプティ・チェア(上下)」。ワークショップ用に買った解説版の「平家物語」。一日2ページずつくらいしか進まない「思想地図β」。他諸々・・・。
映画も見たい作品が多い。「ノルウェイの森」「しあわせの雨傘」「ソーシャル・ネットワーク」は外したくない。そして「人生万歳!」。なんと「ゴダール・ソシアリズム」まで札幌公開が!
音楽もマイルス全70枚セットが「ネフェルティティ」前で止まったキリです。それは先の興味が無い訳ではなく、「E.S.P」「マイルス・スマイルズ」「ソーサラー」が聞いても聞いても奥深くて聞き飽きないから。深いよ、汲めども尽きないよ。でもまだ良く分からないよ。
今年になって一番聞いてるのはゼルキンによるベートーベンのピアノソナタの30番。あまりベートーベンは得意じゃなかったのですが、年末坂本教授が「スコラ」シリーズで解説していて急に聞きたくなった。グールドのもあるけど、ゼルキンの絶妙な音運びが今の気分には合う。

そんな感じで、相も変わらず欲張って生きております。すぐに2月から春にかけて、そしてそこからは怒濤の夏プロジェクトまであっと言う間に繋がって行きます。ぜひ漏らさずにチェックを!2月14日にはまさかの、あの企画が今年も帰ってきます!!(嬉泣)

さて、ネットTVはもうすっかりおなじみに!てな訳は無く、30分の放送が先日の第2回では55分にもなると言う行き当たりバッタリぶりで、ゲストの皆さんも痺れを切らす展開となったのは前回記事参照。弦巻による2010年10大ニュース、アシスタントMCスガノコサトによる2010年5大ニュースと言うどーでも良い内容に盛り上がりすぎました。
アーカイブを覗くとそんな僕らの番組でも視聴回数が5000回を越えております。凄いの?これって。
今週は明日(今日)放送。夜22時から。
本番中のコサトは果たして放送に間に合うのか?!

弦巻啓太のパラダイス・アワー(第2回)

↑こちらでどんな番組か確認を・・・。


ソーサラーとメンチ切る
名盤と向かい合う弦巻。

心にしみる
心に沁みる。
スポンサーサイト

 < アルコール不適合な身体に卵酒は効くのか? + ワークショップ終了、プロデュース公演開始 > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。