楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波乱の一年を振り返る。

真夜中

えー、年の瀬も年の瀬、あと8時間で2010年も終わろうとしている訳ですが、いかがお過ごしでしょうか?
3ヶ月ぶりのテレビ生活に未だ馴染めない弦巻です。結構見ないでも平気な体になってるものです。じゃあ買わなくても良かったんじゃない?と思わなくも無いんですが、やっぱり定期的に美音ちゃんやありすちゃんに逢いたくなってしまう気持ちはとめられません。前よりもちょっぴり大きな画面で会う彼女達は少しだけ歪んで見えます(画面比率の関係?)。それがちょっと、なんだか悲しい年の瀬です。

あれも落ち着いたらきちんと書こう、これもちゃんとまとまった言葉で語ろう、と後回しにしているうちにブログからすっかり遠ざかってしまいました。いい加減年末なんでちゃんと書こう、と久しぶりにPCからの書き込みです。ちゃんと、きちんと書けるかどうか分かりませんが、とりあえず書くことにしました。過去なんて、僕意外誰も覚えてないんだし、数少ない記憶の断片も、それぞれの中で改竄され、イメージと言うレッテルに結局は取り込まれるのですから、自分のための備忘録です。

今年は波乱の一年でした。家が燃やされたり、いたずらされたり、そんな中引越ししたり、ツイッターを始めたり、新しい出会いがたくさんあったり、たくさんのさよならをしたり、様々な現場で勉強させてもらったり、34にもなって子供な自分を突きつけられたり、現実を認め切れなかったり、絶望したり、哀しんだり、踏みにじられたり、全然良くならなかったり、思わぬ受賞をしたり。
ツイッターにばかり結局かまけてしまいました。だって手軽なんだもん。流されやすいなあ、自分。でも来年からちょっとまたブログに力を入れようと思います。最近、ツイッターをやっていても孤独感ばかりが募ってきます。あれってミクシィもそうですが周囲の人間もやってないと結局淋しくなるんだもん!僕の周りの演劇人が(何故か)あまりやってないんだもん!みんな割りに遠方なんだもん!!
でも、遠方の方と繋がれる素晴らしさが確かにあります。先日NICK ROSENと言うベーシストについて呟いたら本人からフォローされました。ううう、嬉しい!英語の勉強しなくちゃ!
他にも、札幌で活動しているだけではけっして知り合えなかった演劇人の方とも繋がれます。人見知りなので、そんなに自分からアタックは出きてていませんが。

あとおめでたごとが多かった一年でした。結婚もそうですが出産が!!多い!!なんと弦巻の知人夫婦で13組が出産!!
多すぎじゃない?!サッカーチームが組めるよ?!
しかもそのうちの一人の名付け親になりました。これは嬉しかった。今年一番の嬉しいニュースかも。

今年は弦巻楽団として公演を3回(全て作・演出)、ツルマキ・アーケストラを発足し旗揚げ(演出)、まさかのリサイタルを開催、ラフランプに客演し役者業を再開、演出助手として北九州の飛ぶ劇場の泊さんのもとで勉強、札幌ハプニングで企画演出、そして昨年に続き演劇祭をプロデュース、滝川市民劇に脚本を提供、あ、おまけになんちゃってDJフレディ・ツルマーキュリーとしてもデヴューしました。
とまあ、なかなかなボリュームだった2010。手抜きなし、真っ向勝負の一年でした。勝ったり負けたり、でも全て繋がっています。
弦巻楽団の公演としては大きく作風の舵を切った2010年でした。持って行き場の無い悲劇にトライし(#11)、コメディとしての限界、物語の飛躍・破綻をどこまで捻じ伏せられるかと言う挑戦(#111/2)、そしてウェルメイドの文脈を広げるべく場所・時間の流れを断絶した物語作り(#12)、と豊かなチャレンジが出来ました。これに滝川に提供した「吐く息より白く、暖かく」を併せたら、もうね、何でも書ける!!って豪語したくなりますよ。どんなジャンルでも。どーんとマルスコイです。

来年は一言で言うと「重厚な物語」にトライします。悲劇であれ、喜劇であれ。そんな新作に取り組む予定。

さて、そんな弦巻楽団ですが現在大改革を計画中。いえ、既に発動中なんですが。

おかげさまで約この5年間皆様のご愛顧、ご声援賜りました弦巻楽団ではありますが、
来年から新体制で活動に臨むべく
現・弦巻楽団を「解体」することに致しました。
来年以降活動を継続する楽団員は弦巻ただ一人になります。
実質すでに夏以降そう言った体制で進められてはいたんですが、
先日メンバーとも各自面談し、正式に、こうした決断をすることにしました。

「プロデュースユニット」のような形になるわけではありません、メンバーも引き続き募集します。
これまで弦巻楽団は「誰にでも分かる・楽しめる作品作り」をモットーに活動してきました。
「上質な物語」を作ることにただただ誠実であることを目指し、取り組んできました。そしてそれは、今のところ、とても愛のある、理解あるお客様に支えられ、支持されてきました。ですが、代表としてはまだまだだと思ってます。ですがそれは、「もっといける」と言うステージが見えてきた、とも言えます。
そこに到達するためには、弦巻自身も、団員も、もう一度厳しい場所に自分をおく必要があると感じました。
少なくとも、今のままでは駄目だ、それだけは#11の後ハッキリと分かりました。

そこで、「解体」です。

僕は公演のたびに、お客さんが「元気になるような」作品をやりたいと思ってます。
それは、とてもシビアな勝負です。
甘えた関係性や、なあなあの仲間内で作られた芝居は、すぐにお客さんに見抜かれてしまうと思うのです。

2011年も、おかげさまで何度か皆さんの前にお目見えする機会をいただけそうです。
来年も、良い勝負が出来るように自分のブルーを磨いて行く所存です。
波乱の一年でした。
笑ったり、泣いたり、胸をかきむしったり、声にならない悲鳴を上げたり、寄り添ったり、ブルーに絡まったり。
あっという間に外も日が暮れてきました。
本当にたくさんのさよならをした2010年とも、さよならです。
きっと2011年も今日と地続きな日々に過ぎないことは分かっています。
でも、それでも、ねえ、きっと。なんて甘えたことを考えちゃいます。

ツイッターの素晴らしいところに、自分が拾うはずの無い言葉を他人が流してくれる点があります。
そこで知った言葉です。
今年、何度も何度も反芻しました。

「心配するなよ。
きっとぼくたち、すばらしいゆめを見るぜ。
そうして、今度目が覚めたときには、春になっているんだからね。」
                            スナフキン


みなさん、良いお年を。
来年もどうか御贔屓に。
スポンサーサイト

 < 新年のご挨拶、そしていきなりの活動もろもろ + 大人の夜 > 

コメント

新年おめでとうございます。名付け親になっていただきありがとうございました。その当人のパパです。

「かれこれもう20年近くになる友人と、そして同じく脚本家のファンであるその嫁とに乞われて
一人の女の子の名付け親になる」って、なんか文化人ぽくていいエピソードですね。
娘の個人情報ばらまかない程度にどんどんつかってください(笑)。

うちの嫁からのコメントとしては、
「名付け親になっていただいて大変ありがたいことで感謝感激しています。
これからは、文化人として娘を悲しませないよう
首相暗殺とかならともかく、淫行やのぞきなどの軽犯罪で捕まらないでくださいね^^;。」
とのことです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。