楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このひと時の名を、夕暮れ時と言うって教わったんですけど

     雀色時


あーーと言う間に八月も終わりに向かい、夏の取り組みもフィニッシュに向かっております。
今年は熱い夏、らしく色んなところから「参った」「勘弁」との声をお聞きしますが、夏が好きで好きで仕方のないチューブばりの夏男、弦巻は絶好調です。

昨日、遂にツルマキ・アーケストラ!!!『間奏曲』が開幕しました。溢れる言葉、躍動する肉体、演劇の原点にギリギリと歯を食いしばりながら食いついております。熱がこもればこもるほど逃げてしまうジロドゥの言葉に翻弄され、幻惑され、蹂躙され蹂躙しております。

少女と、大人の女の狭間、不安定な季節についての物語です。
男が『永遠に少年』であることと違い、女性には『大人の階段』が厳然と存在してる気がします。もちろん肉体的に。それはつまり、精神的に自覚しない訳にはいかない『階段』として。

弦巻の自説として「女は19、20の時に乱れる」と言う有名な(?!)言葉があります。
穏やかだった人が突然暴挙に出たり、
被害者意識が強くなり傷つきやすくなったり、傷つけやすくなったり。
傍から見てですが「らしくなくなる」時期。
考えてみると、そう言う事なのかな、と思います。
むしろきっと「らしく」なんてレッテル貼られることに抵抗したくなる時期なのでしょう。

いくえみ綾作品で言うと「君たちはガラス」(←!)とかの時期の作品、短編の「10年も20年も」(←!!傑作)とかに通底するテーマでしょうか。
どこまで、危うく、美しく表現できるか。

当日券あります。
日曜日までやってますので是非シアターZOOにお越し下さい!

        27日(金) 20:00
  28日(土) 14:00/19:00
        29日(日) 14:00/19:00

【料金】 一般 2,300円/学生 1,800円  (当日券です!)

【会場】 扇谷記念スタジオ シアターZOO
     札幌市中央区南11条西1丁目ファミール中島公園B1F
      TEL:011-551-0909
スポンサーサイト

 < 再び、の + 夏休み (ボーナス・トラック) > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。