楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加者を大々的に募集します!(期日延長)

弦巻啓太が新たに立ち上げるユニット!

ツルマキ・アーケストラ!!!
!が3個入ります。

記念すべき第一回公演は レッドベリースタジオ10周年記念企画!
日程は8月26日~29日、
ジャン・ジロドゥ原作「間奏曲」

この古典に挑む仲間を募集します。

弦巻楽団代表、弦巻啓太が新たに演劇ユニットを立ち上げます。
より開かれた、様々な人との演劇作りを志し、初心者からベテラン問わず参加できる演劇ユニットです。

記念すべき旗揚げ公演は2010年8月26日~29日
扇谷記念スタジオ シアターZOOで行ないます。
作品はジャン・ジロドゥの「間奏曲」!

全パート・セクションを募集します。
音響・照明をやってみたい方、映像や造形美術で参加したい方、
役者をしたい方、どちらでも構いません!特に配役は現在完全にフラットです。いきなり主役の可能性も充分にあります!
演出希望の場合のみ、弦巻がいるので演出助手、と言う形になりますが…(笑)。

応募条件は…

年齢 中学生以上(経験によって小学生の方も検討します。)
   ※ 未成年の方は保護者の同意を頂いて下さい。
6月に行なわれる3回の稽古、7月から始まる週4回の稽古(時間は夜7時から3時間ほど)、8月からより本格化し、増える稽古への参加と、8月23日以降のリハーサルの時間を確保できること。

   稽古場所は西区八軒のレッドベリースタジオ、または中央区の弦巻楽団稽古場になります。

   かなり低学年からの募集になります。これは「間奏曲」にはヒロインの女教師の生徒として多数の女学生が出てくるからです。
   ただ、稽古場に自分の責任で通えること、が必須となります。
   
資格 経験は問いません。所属も問いません。
   やる気のある方を探しています。
   複数の、それも多くの人間が関わる企画ですので、協調性と謙虚さは是非持っていて頂きたいです。

参加費 5000円
    ※ 稽古初日に集めます。

申し込みは loveyoumadly666@yahoo.co.jp まで。

※ 補追
  現在(6月2日)稽古がスタートしましたが、よりジロドゥのイメージをしっかりと打ち立てるために、募集を改めて致します。特に女性のキャスト、具体的に言うと間奏曲の核となる女生徒達を演じてくれるキャストを特に求めてます。公演スタッフ・お手伝いさんも引き続き募集。


      
質問、疑問どんどんお寄せ下さい。率直な質問で結構です。
(例 「チケットノルマはあるんですか?」→ 「あります。ただノルマでは無く努力目標として一人20枚くらいです。売れなかった時のペナルティもありません。」
「リハーサルの時間ってどのくらい?」→ 「稽古時間より早くから17時位からが目安です。ただ、学校などはもちろん考慮します。」
「小5ですけど稽古場に通うのも問題なく、既に8年以上バレエを習っており、詩吟もできます。だいじょうぶですか?」→ 「是非お願いします。」
「音響志望で自宅にミキサー、サンプラー含めたDJセットが2台あり、よくお芝居を観ると流れてくるロックやエレクトロニカの作曲・使われ方が我慢ならず、作詞も含めて新たな演劇と音楽の取り合わせ、特に日本語と黒人音楽の融合の可能性に燃えています。大丈夫ですか?」→ 「是非お願いします。ガツンとやって下さい」
「ずっと植木屋さんでした。未経験ですけど大丈夫ですか?」→ 「はい。経験を生かして舞台の手入れもお願いします。」)

たまに「役者志望で、稽古に通えないけど大丈夫ですか?」と言った質問が寄せられますが、大丈夫じゃありません!さすがに。
美術参加などならあり得ますが。


札幌のアートを、演劇を長年支えるレッドベリースタジオの飯塚さんから、「この本を是非演出して欲しい」と言っていただいたのは昨年のこと。それがジロドゥの「間奏曲」でした。非常に純度の高い、美しい言葉とイメージが連なる、でもけして甘くは無い硬質で透明な世界。
「やらせて下さい、是非。」
と即答しました。

古典中の古典ですが、難解な作品にするつもりは毛頭ありません。楽しい、そしてちょっとだけ怖い、コメディにする予定です。ジロドゥのイメージを一新させてやる!くらいの意気込みです。
これは広く、沢山の方たちと創作すべきだと考え、弦巻楽団とはまた別なユニット形式で行なうことにしました。
とても濃密な、演劇漬けの夏となるでしょう。

弦巻も楽しみで仕方ありません。
それでも、みんなで0から作る公演をイメージしています。
自分も弦巻楽団やこれまでのノウハウを一度忘れて、0から共同作業で作品世界を産み出して行く演劇の原点に立ち返ろうと思っています。

繰り返しですが、
やる気のある方、待ってます。
ともに熱い夏にしましょう。

ツルマキ・アーケストラ!!!  代表 弦巻啓太
スポンサーサイト

 < 楽団員募集 + またも熱い夏 > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tgakudan.blog98.fc2.com/tb.php/566-14f9ae6f

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。