楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年も20年も

超久しぶりにライブに行って来ました。(二年ぶり!)
ペニーレーンは近所でありがたい。
汗だくになるかしら?とでがけに迷うが、着替えは持たず会場へ。
見てきました。
「クラムボン」、ツアー初日。

思えば2年前見たライブもクラムボンだったなー
ペニーレーンも久しぶりだ。
ここでウィーザーを見たのはもう10年前だ!ぎゃ!

ライブはもちろん最高。
ほんと、クラムボンってミュージシャン、と言うより
「音楽家」って言葉が似合う。
浸りながら体をゆする。思えばこのバンドとの出会いは深夜の
「ワンダフル」だった。(これも懐かしい!)
最新シングルが紹介されてて、一発ですきになった。
一人暮らしを始めたばかりで、新生活のテーマ曲だったなー。
7年前の事です。
今でもその曲が一番好き。
きっと同じ気持ちのファンも多いだろう。
ライブで一番歓声が上がった瞬間だった。
あの「サラウンド」が流れた時よりだよ?!

ダイスケの弾むドラムソロに、斬り込んで来る
「あの」ピアノのフレーズ…


『何にも言えないよ そんなつもりじゃないの デタラメしゃべりだすわ

みるみる ふくれる まっくろなアイツと
みるみる しぼむ まっしろなアイツを
飼っていたんだ 夢の中でだけは
たまに会うんだ 夢の中にいれば    』


きっといつまでも聞きつづけると思う。
本当に素晴らしい音楽。豊かな音。
芸術って、この事じゃなかったら何だろう。
まっくろなアイツと格闘してた弦巻は少し元気になれましたとさ。

しかし、タイトルの意味は今もわからない。
知ってる人がいたら教えて下さい~。
スポンサーサイト

 < お久し振りです☆ + 色あふれる季節 > 

コメント

シカゴのタイトルについて。

詳細は下記にて見られますよ。
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Live/1969/000514.html

ほほ~う

ありがとうございます!
そういうことでしたか…
拍子抜けというか、クラムボンらしいというか・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tgakudan.blog98.fc2.com/tb.php/43-3ae5f771

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。