楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13丁目笑劇一座終了、そして夏の思い出②

本番前待機中
中央で手を振っているのが一座のアイドルまゆちゃん(10歳)。
空いてる時間はせっせとカンバッチ作りに余念の無いしっかりした女の子です。
弦巻の似顔絵カンバッジも作ってくれました。ありがとう!

そんなわけで、終了しました、教文13丁目笑劇一座第2回公演「地球は男と女で回っている」!
いやあ、ほんとに胃が穴だらけになって食べても食べてもお腹が膨れなくなるんじゃないかと思いました。市民参加型、お笑い劇団という他に類を見ない形態での作品作りというのは、本当に勉強になりました。楽団としてのあり方の、一つの考える材料になりました。
今までやったことが無いくらい、長い会話の続くコントに、皆さん良くチャレンジしてくれました。
ありがとう!受けたでしょ?
失敗もあったけど、それも経験です。舞台度胸や勘は舞台の上でしか培われないものですからね。
意地悪なまま母たち 後半の主役、ゴージャスな3姉妹と継母。
準備完了! お祭り気分が会場を盛り上げる!

みんな、本当にお疲れ様。


これで弦巻の2009年演出仕事は楽団本公演を除いて全てフィニッシュです。
ふう。長い一年だ、本当に。まだ4分の1残ってると言うのに。
幸せなことです。もちろん、気付かずに失っていることもたくさんある。
連絡を取ろうと思ってた人が結婚することになってたりね。なんかショック!

もちろんこの後も#9「果実」(制作快調!!)や#10「十二月組曲」が待ってますし、秋には札幌ハプニングも活動しようと計画中。そして来年に向けた断続的ワークショップも始まります。

先日、間奏曲「こんにちは、母さん」が道新の劇評に取り上げられました。
ちょっと時期が空いてからだっただけに、嬉しい。

さてさて溜め込まずにどんどん吐き出すぞー、と言う事で先日伺った士別でのワークショップ(弦巻は大先輩のアシスタント)。小学3年生と4年生対象だったのですが、楽しかった!元気だなあ子供は。考えれば自分も20分休憩とかで目一杯遊んでたものな。今なんて20分あっても何も出来ませんよ。ごろごろして終わりです。
4年生になると途端に論理的になる気がしました。方程式を習うから?
あーして、こーなるの組み立てがグンと出来る様に感じました。
自己紹介すると、「ツルマキ君」がいることが判明!なんか嬉しい。
「啓太君」もいました。

道中のひとコマ。
食べてくれるかな? 餌付けしようとしてます。

餌付けに成功!  やった!

美味しくいただきました。 らむとろカレーをいただきました。
スポンサーサイト

 < 自己紹介以来でした。 + 劇団ギャクギレから13丁目笑劇一座へ > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tgakudan.blog98.fc2.com/tb.php/425-1bb8abf1

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。