楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

haven't we met

コンニチワ、シアターZOO演劇祭 ZOO9 プロデューサーの弦巻です。
「忙しいでしょう?」と色んな人にいつも言われるが、そんな、普通の務め人ほどじゃないですよ、と答えていたが、忙しい!!流石に!!
それでも止まってしまうと死んでしまう新宿鮫・弦巻は、今日も参加劇団さんの稽古場へお邪魔し、作品の仕上がりを確認させて貰っている。いやあ、手前味噌ですが充実してまいりました。それぞれの模様は是非ZOO9ブログで確認していただきたい。しつこい弦巻によるかつて無い、札幌演劇界を語るレポート!!硬い!!硬いぞ!文章が!我ながら!
本来こう言ったものは、とにかく盛り上げてー(「最高に泣けました!」みたいな)、勢い付けてー、「なんかあれ盛り上がってるらしいぜ、」と鏡像効果で話題を作っていこうとするのが伝統だと思うが(それが悪いわけではない。)、全くそんなノリでは書いてない。書けといわれても、そんな高等テクニック持ち合わせてない。
でも嘘は書いてない。ありのまま書いてます。

新しい冷蔵庫が来ました。頂きものです。知り合いが譲ってくれました。
今度のは5ドアです。
とにかく凄い存在感があります。
僕のザ・単身者な部屋の中で彼だけ異様に自己主張してます。
買い物して来たモノが全部入ります。

ケニー・ランキンが逝去されました。
ちょうど、ファンになって一年です。
僕のこの10年間に聞いた2000枚以上のレコードの中で、最も数多くプレイされたレコードはキング・オブ・コンビニエンスの2ndですが、これからの10年、最もプレイするであろうレコードは、TSUTAYAで500円で購入した(去年の記事参照!)ケニー・ランキンの「アンコール」だ。
『ロシュフォールの恋人たち』の映像とイメージが重なる、原曲の50倍好きな(原曲も好きだが)『ペニー・レイン』。
風景のような、手紙のような、慰めのような、音楽。
愛があって、悲しみがあって、絶望が無い音楽。

ご本人の『ピースフル』とともに、ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

 < ☆zoo9☆ + ある意味芝居漬けな日々 > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tgakudan.blog98.fc2.com/tb.php/377-df3cb317

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。