楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の小屋入り

今日から「魔法」の小屋入り(劇場入り)をしました。
いよいよです。
12日の初日に向け、試し、修正し、仕上げていく作業が続きます。
稽古場でやってるのと劇場でやるのとではやはり雰囲気も変わるし、
見え面も「画」が変わってくるので微調整が必要なのだ。
むむむ。あれえ?って所もあるし、
おお!予想以上!って所もある。
9ステージだしね。慎重に、繊細に。あと二日。

ZOOフェスの資料でたくさんの旅館を見比べるうちに、
温泉に行きたくて行きたくてたまらなくなる。
しばらく行ってないなあ。近所のスーパー銭湯ぐらい行きたいものだ。
十勝の菅野温泉が懐かしい。幼い時はあんなに温泉が嫌いだったのに。
もっと味わっておけば良かった。
鹿が見えるんだよね、(運がよければ)露天風呂だと。
見えるって言うか隣にやって来るって言うか。

そう言えば帯広から釧路へ峠を深夜に越えた時、車が鹿に囲まれた時があったな。
散々「鹿がたくさん出るよ」とか「鹿にぶつかって廃車になった」など友達に吹き込まれていて、
「そんなまた大げさな」と思ってたけど、全然大げさじゃなかったな。
鹿が大きいんですよね、ガラガラドンみたいに。
まあ、運転の出来ない僕は助手席で面白がって写真撮ってたけど。

ガラガラドンの絵って結構小さい子供にはインパクトありましたよね。
あのなんて言ったか、谷にいる妖怪?トロルとか言うモンスターも怖かった。
何故か、最後に草を腹いっぱい食べておなかが膨れた3匹のヤギの姿も怖かった。

多分小学生の時読んだ「怪奇特集」みたいな本に
「神隠しにあって離れ小島で発見された少女」がおなかいっぱいタニシを食べてた、
というエピソードが載ってたので連想して怖くなったのだろう。
おかげで、子供のときご飯をおなかいっぱい食べることに後ろめたい恐怖心がついて回ったものだ。

は!現実逃避してしまった。いかんいかん。
資料作りがいつのまにかとんでとんで回って回る夢想花に。
明日の準備をせねば。
まだ○○も○○もきちっと完成してないのだから。

おまけで仕込み中の図をチラッと公開。
照明が入った舞台装置を眺める木村君と細木さん。
蛍の墓(ではない)
スポンサーサイト

 < 弦巻楽団 #8 1/2「神の子供達はみな遊ぶ」 + ねこねこ > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tgakudan.blog98.fc2.com/tb.php/319-6d5751a0

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。