楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トナカイが町から消える夜

ジャンゴロベー!!
気がつけば街はクリスマスですな。
軽薄だ、クリスマスもともとの宗旨とずれてる!、
とどれだけ言われようが、
僕はこの雰囲気が大好きです。
クリスマスソングが流れ、猫も杓子も理由なくお祝いムードになってる
(ように見える)、この季節がくると、恋人が居ようが居まいがうきうきして来ます。
暗いおどろおどろしい(明らかに不安感を煽ってる)ニュースが嫌でも耳に入るこの師走、
個々の事情を越えて、肯定的な空気が溢れるこの「クリスマス効果」は
(宗教的な意味合いを越えて、むしろ宗教的な気がします。)
逃避でもなんでもなく、現代を生きる上で大事だとさえ思います。
まあ、どうせならはしゃいじゃおう!と言う訳です。
希望とは無関係に。

でも、クリスマスが終わった後の寂しさもおつなもんですよね。
なんでしょうね、あの終末感。敗北感?
急激に街に侘しさが溢れるような気がします。
ちょっとはしゃぎすぎたかな・・・と、酔いが覚めてから後悔してるように百貨店なんか見えます。
「あー、なんでケーキ皿プレゼントなんてしちゃったんだろ・・・」とか。
ま、すぐに年越しムードがやって来る訳ですが。

去年まで、年に5回も出席すれば多いほうだった宴席に、
今月は本番が終了してから既に6回、そして明日、あさってとまだ続きます。
これが大人になるってことね、と思いながら、でも結構エンジョイしてます。
きっと変わるべき時を今、自分は迎えてるんだな、と思います。
様々な局面で、ひしひしと求められてる気がします。
32歳、男啓太の正念場です。

過渡期、とはよく言ったものです。
せめて軽快に。エレガントにとは行かなくても、着地で失敗しないように行きたいものです。

よい聖夜を。
皆さんのチャレンジや企みや欲望や夢や希望に幸運を!

写真はまたまた関係無いけど、「子供~」公演中、
自分で作った小道具用生クリームが余ったので食パンにつけて食す演助のザキサン。
ケーキは一部だけ本物でした
スポンサーサイト

 < タイトルなし + 名古屋 弦巻 本陣 長久手 (一つ楽団にゆかりある人名が混ざってます) > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tgakudan.blog98.fc2.com/tb.php/291-95737c3e

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。