楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公演徒然回想記6

いよいよ最終回・・・!!
初の旅公演、そして全12ステージと言う長丁場、弦巻楽団はどう戦い、生き抜いたのか!?
その魂の全記録がここに!遂に完結!


3月3日 
FMアップルさんにて「エブリシング」東京公演の報告と、千秋楽までの宣伝をさせていただく。
福津さんのトークに乗せられ沢山喋ってしまう。
10年前に比べて、こう言う場でも固まらなくなったなあ。
何にでも人間慣れるもんだ。
昼過ぎ、対談。そして劇場入り。
ここまで来ると「形」になってるものを維持する困難さ、と言う物を感じ出す。
新しい問題だ。いつも5回とか6回の公演回数だったので、何もかも初体験なのだ。
芝居は生ものですから。
きっとこれから考えつづける問題だろう、と予感する。

4日
メモが全く無い・・・
東京で制作、札幌で舞台監督の花ちゃんが客席をせっせと作ってる。
昨日の分から予約、当日券を求めたお客様が増えて来たので、
より快適な客席を作るべく試行錯誤してる。
それもあって、この日は事前のシュミレートが効を奏しスムーズに案内が出来る。
明日の千秋楽に向けて、気合を入れ直す。

5日
遂に千秋楽。
長い長い公演もいよいよ最終日。
色々な想いが頭を駆け巡る・・・。ってな感傷に浸る間もなく準備に打ち込む。
今日はバラシもあるのでその打ち合わせも進める。まあ東京で一度
全員経験済みなので円滑に進む。
考えてみると夏紀にしてもあいちぃにしてもまだ二十歳なのだ。
2人はずいぶんとしっかりしてきた気がする。
楽団のけして平穏無事とは言えない公演に
出演してもらっているので、当然と言えば当然か・・・。まあ、頼もしい。

大入りの千秋楽も無事終演。
全員でバラシがハキハキと進む。立川もあいちぃもこの頃には体調が完全に復活。
(後から病院で「ノロだね」と言われました!石川・談)
バラシ終了後、残れるメンバーで呑みに繰り出す。
(お酒飲んでた方が調子良いみたいですわ!立川・談)
これにて、2週間に及ぶ「エブリシング・マスト・ゴー」全公演が終了した。
長かった、本当にお疲れ様でした。

やはり、東京での公演はでかかった。僕の意識も変わった。
きっとこれからの楽団の活動に影響を与えていくだろう。

東京の生活で思い出深いのは大江君の心地良いいびきと、
(嫌味じゃなく、本当に心地いいのだ。むしろ聞いてると落ち着く。だけど、寝る前の晩酌の時
僕の布団を座布団にはしないで欲しい。)
ヤスの可愛い歯軋りだ。
これは気になった!
眠れない!!
ギリギリ、とかじゃない。
イルカか、鶴の求愛の声のように「キューッ」って言うのだ。気になる!!むしろ!!

おしまい
スポンサーサイト

 < 春がきたー2008 + エイポリルホーだけどウソじゃないっすよ > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tgakudan.blog98.fc2.com/tb.php/186-1f91abfd

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。