楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切りなおしなおし

気が付けばaikoが流れている。
女性ボーカルの作品は殆ど持ってない(あっても手放しちゃう)自分だが、
CDラックには殆どの彼女のアルバムがある。
なぜ飽きもせず聞きつづけてしまうのか。
正直1曲聞いただけではどのアルバムか判断つかない。そのくらい流し聞いてしまう。
でも買ってしまう。宇多田も椎名林檎もYUKIも買わなくなったのに、聞いてしまう。
恋してるだけである。
歌われてる中身は、恋してるだけである。
そしてもっと言えば、
描かれるのは幸福の頂点にいる実感、より殆どは、失う予感に震えてる感覚だ。
(または失っても残る残像に関する想いだ。)
特に「暁のラブレター」以降のアルバムの説得力と言ったら。
構成にものすごいドラマツルギーを感じる。

そして、aikoほど規則的に作品を作りつづけているアーティストを僕は知らない。
HPでチェックできるが殆ど職人だ。
僕はそう言ったアーティストが好きだ。芸術家然としない人が。

言ってしまえば、僕はaikoの音楽は変化なんてしなくていいと思ってる。
『前向きに』だとか『生まれ変わる』なんてポジティブな言葉が
どれだけ大切な機微を踏み潰し、目をくらませてしまうか。
『自分らしく』とかね。
ぼくはそんな言葉に耳をふさぐように彼女の作品を聞く。
どのアルバムでもいい。結局は一緒なんだ。でも、新しければそれに越した事は無い。
そこには最新版の彼女が、今も大切なものを抱えて歌っている。
スポンサーサイト

 < 仕切りなおし + あ・・・ > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tgakudan.blog98.fc2.com/tb.php/122-27d7a573

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。