楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月ですと!

弦巻です。
油断してるうちに2007年も一ヶ月を切ってしまった。
いやあ、あっという間の一年でした。
目まぐるしい、と言うほどではなかった筈なのに、
気が付くともう2008年がそこまで来てる。
なんかやりかけで止まってる事たくさんあるなー。
結局趣味も増えなかった。
それでも一月ごろ鉛筆で絵を描いたりもしてみた。
2回しかしてない・・・。
水泳もしてない。
DJなんて機材を見に行ってもいない。
駄目だ。コレじゃ去年までの繰り返しだ。

CDは良く買った。
去年までと同じように。
人間、そう簡単に習慣というものは変えられないのだなあ。
ロック漬けの公演が終わった反動で、逆に非・ロックのものばかり聴いている。
なぜ売っていたのか全く理解できないのだが、
ピヴォのタワーでフランシー・ボランの「アウト・オブ・ザ・バックグラウンド」を
手に入れる。7年前の再発盤だ。
勿論超嬉しい。
琴似の中古盤屋でサヒブ・シハブの「カンバセイション」を見つけた時くらいドキッとした。
このCDはかつて『パルス21』という店が閉店する時見かけたのが最後で
それ以来一度も見たことが無かった。
多分再販しなかったのだろう。コルトレーンとは違うのだ。
その時購入しなかったのをほとほと後悔した。
(他にもウォルフガンク・ダウナーの「ミュージック・ザウンズ」が500円で売られてたりした!
なぜ買わなかった!俺!)
なぜ今更タワーにあったのか疑問は尽きないが
日頃の行いが良いからだと納得する。
あー嬉しい。1曲目の「ダーク・アイズ」が絶品。

来年はもっともっと本を読もう。
スポンサーサイト

 < 遅い打ち上げ終了~ + タイトルなし > 

コメント

おはようございます!

弦巻さん、ご無沙汰しております。今年は弦巻作品が見られず、来年こそは!という思いでいっぱいです。

1回見たきり、しばら~くゲット出来ていなかったCDを発見した時は、ホントに嬉しいもんです。アレキサンダー・オニールの"MY GIFT TO YOU"(クリスマス・アルバムの大定番^^)"をタワレコで見つけた時は、即ゲット!リマスター盤らしく、音もクリアーでした(もともとは'89年のリリースだったらしく、廃盤状態だったらしい、幻の名盤です)。

'97年の10月にリリースしたSWAN DIVE(スワン・ダイヴ)というユニット(洋楽)のウインター・アルバム”Winter Green"も、発売された当初はゲットしていなかったので、某中古屋さんで10年ぶりにゲットした時は嬉しかったです。リードトラックは当時ラジオでヘヴィー・ローテーション状態だった為、ずっと聴きたかったCDです。これで今年のクリスマスはオールOK!^v^v

廃盤するスパンも年々早くなってて、気がついたら欲しかったCDが廃盤になってた、、、なぁ~んて事がよくあるので、いいと思ったCDは即ゲットが原則らしいです(昔は少なくとも3~4年は在庫していると思ってたんだけどなぁ~)。

確かに廃盤ペースはアップしてますよね。
けれど再発もジャズの中では異様なペースです。
年に何回リマスターだの、特殊ジャケットなどでマイルスの「ウォーキン」は
発売されるのでしょう?
中古で高値で買った作品が一月後あっさり再発されたり・・・。
ホント、厄介な習慣です。

来年は是非劇場に来ていただけるのをお待ちしておりますね。
結構やる予定です。
近日公開しまーす。

弦巻さん、ありがとうございます!

おはようございます!あ、遅くなりましたが、スタークロスドお疲れ様でした!遊戯祭の出演やカフェの1日店長とますます多忙を極めますが、お身体、ご自愛ください!^v^

ジャズものの再発のスパンは確かに早いですよね。マイルス・デイビスの作品はリマスターや紙ジャケ、デジパックを含めると、年に1~2回は再発を重ねているような気もしますし、「完全限定生産盤」とあれば、絶対にゲットしたいというファン心理をうまく利用しての事らしいのですが、何度もそうされると、逆に完全限定生産の有り難味が薄れるんじゃないかとも思ってます(汗)。コストもかかる事ですし。

逆を言えば、いつCDショップに行ってもマイルスの作品は紙ジャケとかでのパッケージで置いてあるという感じなのかもしれません。幻の作品を高価でゲットしたのに、しばら~くすると再発で、低価格で出ていたりした時の空しさというのもすっごく分かります。

完全限定生産でいえば、(ジャズから離れるのですが、、、)平井 堅さんが7年前('00年)の12月にリリースしたシングル”even if"も、当時は年内出荷のみでした。今では小規模のCD店でも置いている確率は低いか皆無であろう事は考えられるのですが(小規模のCD店は、初回盤を置いている率が結構高いです^^)、中古のお店でも見かける事は皆無か、恐らく見かける率も少ないでしょうし、あったら速攻ゲット!という感じでしょうか?(透明スリーヴに、右上の部分のステッカーがある発売当初のものはますます皆無) ゲットしそびれた人も多いかもしれませんが、出来れば幻の名盤でいて欲しいなぁ、、、と、、、(再発の可能性は低いんだろうなぁ、と見ております)。

長くなってしまってすみません。でわでわ!^v^v

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tgakudan.blog98.fc2.com/tb.php/119-22c850ed

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。