楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超緊急の御知らせ

おかげさまで、大好評のうちに終了いたしました、コンカリーニョプロデュース「歯並びのきれいな女の子」。「歯並びのきたない男の子」弦巻も演出助手として、何とか無事その責を果たせたようです。来てくださった方、本当にありがとう。

毎日たくさんの差し入れを頂いていたので、甘いものばかり食べる癖がついた。
ぜんざい→シュークリーム数個→ロールケーキ、を、昼・夜なんてざらで、さらに遠方から来てくださった方の名物に舌鼓をレフト・ライト方向に打ち分けておりました。極楽です。見方によっては、甘い地獄です(当人が気付かない系)。みなさん、どうもありがとう!
それでも全然太らない弦巻ですが(むしろ痩せた)、運動不足から体型がたるんできてる気がします。幼児体型なのでお腹が出てる気がするんですよねー。ので、また少しずつストレッチや筋トレです。

さて、2月から続く(『ウィズ・ユー』→『まきの家のヒーロー』→『イクイノックス』→『歯並びのきれいな女の子』)春のトライアルも、次でフィニッシュです!一部でひっそりと告知しておりましたが、私弦巻、今度はDJをします!会場はブロックで、明日一日限り!


NONAI AFTER INSTRUCT
『REDUNDANCY』 Produced by 川尻恵太

DJ&ACT:川尻恵太

GUEST DJ:イシハラノリアキ(yhs)、イトウワカナ(intro)、EddyWhite(EDASULLIBANS)、TANI-KEN(plasmania)、ツルオカ、
 弦巻啓太(弦巻楽団)、橋本一生(ISSUE)、山田マサル、Lynn(Flower Lounge) and more...

GUEST DVDJ:棚田満(劇団怪獣無法地帯)

GUEST ACT:1.2.DON、鈴木雄一(劇団ギャクギレ)、笠井琴美 ほか

SPECIAL GUEST:今立進(エレキコミック)

日時:2010年5月29日(土)20:30open 21:00start 4:30close ※最終入場23:45

料金:前売2,000円/当日2,500円/フライヤー持参2,200円/『NO NAI』セット券3,500円(各1drink付)
 ※未成年者入場不可。ご入場の際に身分証明書を確認させていただきます。

取扱
ローソンチケット(一般前売Lコード:11839/セット券Lコード:11840)
 ※ローソン店頭Loppi直接販売/電話予約0570-084-001(要Lコード)/ローチケ.com(http://l-tike.com/)

会場:演劇専用小劇場BLOCH http://bloch-web.net/
    (札幌市中央区北3条東5丁目5 岩佐ビル1F)

お問合せ:011-251-0036(BLOCH)


『NO NAI』と言う東京で活躍する川尻恵太君の一人芝居の、まあ、アフターパーティーな訳です。
遂にDJ童貞を捨てる弦巻の脱皮の瞬間が目撃できます!既に前日ですが、是非遊びに来て下さい。
恥らうのか?頬を赤く染めるのか?うまく挿入出来るのか?!(CDを)

そして、現在夏のトライアル、ツルマキ・アーケストラ!!!『間奏曲』も準備中!参加申し込みしてくださった皆さん、ありがとうございます。が、まだまだ募集中です!特に女性!どしどし申し込みください!
お芝居をやってみたい、でもやったことが無い、
という方でもオッケーです!
はっきり言って、良い機会、チャンスです。

最後に、秘密だった「取って置きの『歯並び』の風景」を公開。
ラストシーン、僕は毎回一番良い場所から劇場を眺めてました。
これはそこから稽古を覗いた図。
参加者一同に感謝。いい芝居でした!!

玄関から
スポンサーサイト

本日で楽日

半分の月が出ている

『歯並びのきれいな女の子』!!
遂に遂に最終日、本日千秋楽です。当日券出ます!いざいざコンカリーニョへ!

このブログを観て駆けつけてくれた方々、ありがとうございます。

本当に貴重な舞台です。

未見の方、飯を1、2回抜いてもぜひぜひ劇場へ足をお運び下さい。
既見の方(そんな言葉は無い)是非是非2度3度劇場へ足をお運び下さい。
違った角度から、同じ方向でも前の席、上の席でまた見え方が変わります。

お客さんに
「どこが見やすいですか?」
「どこからがお勧めですか?」
と聞かれるのが一番困る。
「どこからでもばっちり楽しめます!」
が答え。それしか言いようが無い。演出助手として本当にあちこちからこの作品を眺めていたが、実際どこからでも楽しめる。もちろん楽しみ方は変わるが、それは好みと言うものなので言いようが無い。僕は映画を観るとき『画面全体がぎりぎり見えない上手側』に座るのが好きだけど、それは個人的な好みでしょう。

じ・つ・は、お勧めのポイントが一箇所ある。
この芝居のハイライトを、素晴らしい光景で眺められる場所が一箇所だけ、ある。
僕のとっておきのお気に入りの場所だ。
でも教えない。
無理だし。
ふっふっふ。

『歯並びのきれいな女の子』は今日の昼・夜で最後!
写真は昨日の夜公演開演直後の月。
欠けた飴のよう。

初日終了!!

マスコット、ではない
しました、『歯並びのきれいな女の子』。
暖かいカーテンコールに包まれ、とても幸せな舞台となりました。
ありがとうございます。

本当に勉強になることばかりです。
演出助手として一月、頑張ってよかった。

だから、と言う訳ではないが本当にいい芝居だと思う。
札幌で演劇に携わっている人間には是非観てもらいたい。
と、思う。
好き嫌いを越えて、見るべき価値がある舞台。とても考えさせられる。

15年札幌で演劇をやってきて、一番そう思う。

これ見逃したら大損失ですよ。
文化事業に携わってる人(道市町村企業公私問わず)はもちろん必見。

公演は日曜まで!!!

明日からまた本番 ツイッター始めました。

またまた公演のご案内。
弦巻は「イクイノックス」の終演翌日から演出助手としてこのお芝居にかかりきりでした。
他にも「北の都芦別ごちそうさまツアー」に参加したり滝川に取材旅行で二泊三日でお邪魔したり…、ズーテンの打ち合わせなどグイグイ行なっておりました。字面だけだと凄い楽しそうな日々だなあ。実際楽しかったんですけどね!いやあ、猛烈に!

おっと、公演のご案内。
はっきり言って、貴重な作品です。
札幌のお芝居では普段見られない良質さに溢れています。
週末、是非琴似のコンカリーニョへ。


コンカリーニョプロデュース公演
「歯並びのきれいな女の子」

 真夏、山中家の居間。
 あめ工場を営んでいた父の初七日法要を終えた家族とその周辺の人々が、遺言書を開封するために集まった。そこへ、見知らぬ歯並びのきれいな女の子が現れる。彼女は、父の娘だという――。
 2008年度に行ったコンカリーニョ戯曲講座から生まれた戯曲を、講座の講師でもあった北九州・飛ぶ劇場の主宰である泊篤志氏の演出のもと、プロデュース公演として上演。出演者として、同劇団の俳優・木村健二氏を迎え、札幌の俳優たちとともに札幌での3週間の稽古で創り上げます。

日時:5月20日(木)19:30、21日(金)19:30、22日(土)14:00・19:00、23日(日)14:00・19:00
会場:生活支援型文化施設コンカリーニョ
料金:前売2,500円 当日3,000円

演出:泊篤志(飛ぶ劇場)、作:イトウワカナ(intro)
出演:木村健二(飛ぶ劇場)、福地美乃(yhs)、小林エレキ(yhs)、かとうしゅうや(fullbreech)、小林なるみ(劇団回帰線)、宮澤りえ蔵(大悪党スペシャル)、飛世早哉香(劇団平成商品)、堀内浩水(劇団しろちゃん)

+++++

「歯並びのきれいな女の子」公演情報はこちら↓
http://stage.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_main_id=14884


日々発見、勉強になることの連続です。
一昨年からの企画の結実がここに見えてきました。素晴らしい。

さて、この現場で流行ってることもあり、ツイッターなるモノを始めました。
PCからが主なツイートなので(携帯はパケ放題に入ってない)、えらいまちまちな呟きですが。興味のある方は弦巻(trmkkt)、また、歯並びのきれいな女の子(hanarabiiiiii)もフォローして下さいな。
稽古場での試行錯誤、若者の恋愛相談、裏話がイロイロ出とります。

眠るのは死んでからで充分だ by ボンジョビ

マジックアワー
ぶひー、っと言う間にもう5月な訳ですが、先日ようやっと#11「EQUINOX」の打ち上げが行なわれました。

僕は、今回の公演で沢山の大切なものを失くしました…。
とても具体的に。
なかでも

半年前に買ったばかりの i pod(16G、ビデオつき)。
モスグリーンのニットキャップ。

ぎゃあああ。ななななんてこったい。いつもいつも文房具を失くす事はあってもこんな大物を失くす事は無かったのにいいいい!
「人生の後半は手にしてる物を失う過程に過ぎない」本当です。って、え?!もう後半?!嘘!まだまだでしょ?

ちょっとずつ暖かくなってきましたね。自転車に乗るのも楽しい。

弦巻は早速次の現場に入ってます。
コンカリーニョで行なわれる「歯並びのきれいな女の子」と言う芝居で演出助手を務めてます。2週間後には本番です。演出は戯曲講座でお世話になった北九州の、飛ぶ劇場と言う劇団の泊さん。脚本はintroのイトウワカナ、札幌+北九州の役者で演じられます。いやー、勉強になります。
お勧めの作品です。別段変わったことは無いけど、札幌では全然観られない作品です。演劇に携わってる人にこそ、役者を志している人にこそ見て欲しい。

そして、いよいよ来月にちかずいて参りました、シアターZOO演劇祭!ZOO10(ズーテン)!!
プロデューサー、今年も頑張っております。
今年は「ファミレス」というお題の元、6劇団が競い合ってコメディの極みを目指します。

あ、と。弦巻楽団とは別にユニット活動を始めます。
ツルマキ・アーケストラ(仮称)と言います。
旗揚げ公演(8月末)は札幌のアートを、演劇を支え続ける「レッドベリースタジオ」さんの10周年記念公演。
ジャン・ジロドゥの「間奏曲」を脚色・演出します。
きしくも、昨年も夏の間既成の台本に挑んでおりました。しかも、『間奏曲』と言う形態で。こちらは公演のスタイルを指していましたが、今回は作品名です。『オンディーヌ』で知られるジロドゥに挑みます。
現在表・裏問わず参加者募集中。
興味のある方は loveyoumadly666@yahoo.co.jpまで件名を「間奏曲参加希望」でメール下さい。

最近はもっぱらシャーデーばかり聞いてます。10年ですよ、10年!前作とのインターバル!
でも、結局この10年シャーデーの不在を埋めるアーティストは現れなかった、と言うことでしょうか。そんなこと言ったらディアンジェロだって既に10年だ。
聞きほれてしまう。より沈痛に、黒く磨かれてはいるがシャーデー以外の何者でもない。このぶれなさ。

先日暖かくなったので川原までお出かけ。
バーベキューの匂いをおかずにパンを齧る。
手の込んだイタリアンも、みんなと食べる鍋もうまいが、天気の良い日に外で食べる菓子パンも最高の御馳走だ。
こどもの日の前日だったので柏餅もパクリ。
葉っぱは食べない派

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。