楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この瞬間は続くと!いつまでも。

続々と年末駆け込み更新ラッシュな当日記ですが、イシカワに割り込み登場の代表・弦巻です。
先ほど仕事納め(当然)をし、実家の年越しに顔を出し、親戚と食卓を囲み、たった今亜帰宅したところです。
この日記ともう一つ原稿を仕上げたら、今度は照明家のTサンのお宅で年越しパーティーです。
なので、校正検閲なしで勢いで書いてます。何とか年越しパーティーに間に合わなくては!2009年とデッドヒートです。
人生でもっとも多忙だった2009年らしい粟食った年越しです。

今年はちさの記事であるように『神の子供達はみな遊ぶ』『こんにちは、母さん』『果実』『十二月組曲』と、怒涛の、しかも貪欲なラインナップ。弦巻は他にTPS『魔法』、シアターZOO演劇祭『ZOO9』のプロデュース、奇想天外のまさかのヘア・ショー『ファンタジー・ラブ』(演出、コーディネート)13丁目笑劇一座『地球は男と女で回っている』、劇団ギャクギレ『tango』(脚本)、ダンスでワークショップに参加したり、なんと言っても「札幌ハプニング」でも派手に遊んだ一年でした。ミクシイで話題になったのは嬉しかった!花嫁がニュースで取材された!テレビのインタヴューに答えたりまでした!全部カットされたけど!

それぞれの公演に冒険と挑戦がありました。
物語を検証することと、演出家としての自分の引き出しを確認、取捨選択することが個人的テーマでした。
実は今年僕は再演を2回、自分以外の脚本家、巨匠の作品を1回演出してます。
「新作ばかりやって意味あるの?」と、アイディアのでない脚本家志望の人から揶揄されることさえある弦巻ですが、実は色々やってます。まあ、胸を張るようなことじゃありませんが。
今年は目一杯詰め込んだので、来年はグッと的を絞って行きます。
弦巻楽団で新作2本と、特別ユニット公演で古典と、4年ぶりの出演と、ソロ・リサイタル、そして再びのシアターZOO演劇祭プロデュースが控えております。
劇団としても、またまたの過渡期です。来年から、体制を大きくシフトする予定です。


今年はたくさんの人と出会いました。さよならもありました。

その哀しみはストレートに来年の活動に反映されるでしょう。

夏に、MJが亡くなった時に捧げた言葉を再掲します。

愛しあおう。出会い、手で触れあい、心に幸福や悲しみを抱えあおう。傷付いたり、傷付けたり、本当のことを探そう。例え拭いようのないブルーが僕たちを襲っても、音楽がいつだって流れてる。
さよならなんて言えないよ。

また来年!良いお年を!!
どうやらパーティーに間に合ったみたいです。

劇団弦巻楽団代表  弦巻啓太
スポンサーサイト

十二月ねこ曲 final

1262522522-D1001986.jpg
最後です!!!!!
千秋楽の日、舞台のバラシ終了後、みんなで軽く乾杯をしました(^ω^)

ふーぅ
なんとか12月中にアップできました(^ω^)(^ω^)

皆様、よいお年をっ!!!
また来年(^ω^)(^ω^)
にゃーっ!!!!!


〓09(=゜ω゜=)10〓

十二月ねこ曲 vol.10

1262335562-D1001918.jpg
こちらイシカワのお気に入りの1枚。
最後の六花ちゃんがフラれて古田さんとパトラッシュが3人でケーキを食べるシーン
の稽古を楽屋から隠し撮り☆


〓ステンド(=゜ω゜=)グラス〓

十二月ねこ曲 vol.9

1262329863-D1001982.jpg
本当のアナウンサーみたいっ!!!
こういうポスター、ありそうですよね(^ω^)(^ω^)

〓Q(=゜ω゜=)TV〓

十二月ねこ曲 vol.8

1262264050-D1001981.jpg
1262264048-D1001980.jpg
観に来てくれた友人や知人にけっこう言われた一言
「着替えとか大変だったんじゃない??」

ええ。
舞台裏は修羅場でした(笑)

開演前は全員小道具、衣装の確認をブツブツ言いながら、念入りに。
コレあるしょ?? で、コレは下手でー・・・・・あれ???アレどこやった???うんたら」

本番が始まると、上手から下手に、下手から上手に走る人が続出。

そしてなんといっても今回、大忙しだったのが塚本(雄)さん。
本番前はツカさんのルート確認(どっちにハケて、どこで着替えるetc)のため、F1ならぬ「Fツカ」が行われておりました(^ω^)(^ω^)


〓エフ(=゜ω゜=)ツカ〓

十二月ねこ曲 vol.7

1262262720-D1001969.jpg
こちらはみんなの最後の晩ご飯です。
ご飯の好みも人それぞれで面白いなーと思って見てました。

丸さんはがっつりお弁当
藤谷さんはサンドウィッチ
ちさはあんかけやきそばか、ミートソーススパゲッティ
ツカさんはウィダーインゼリー
かやっくはカップラーメン
イシカワはおにぎりとスープでおこげかミートソーススパゲッティ

パスタは消化が良くて腹持ちがいいんですって☆

〓晩(=゜ω゜=)餐〓

十二月ねこ曲 vol.6

1262262046-D1001921.jpg
こちらは、藤谷美容師に髪をまきまきしてもらっているイシカワです☆
私が上手にマキマキできないので、藤谷さんにやってもらったのですが、公演3日目からは自分でできるようになりました!!!!
イシカワ、今回の公演で一番の成長でした。

〓マキ(=゜ω゜=)マキ〓

十二月ねこ曲 vol.5

1262261656-D1001943.jpg
1262261655-D1001944.jpg
こちら舞台稽古中のパトラッシュと古田さんがお弁当を取り合うシーン
通称"ギフト"のシーンです。
このシーンの稽古中、一番前の列のど真ん中で見ていたのですが、
いやー!!!!!
特等席ですねっ!!!!
特等席でご覧になったお客様、いかがでしたか???

〓しゃけ(=゜ω゜=)べん〓

十二月ねこ曲 vol.4

1262261363-D1001945.jpg
丸山父さんさんです。
丸さんは開場1時間前になると「俺、天才」と自分に言い聞かせ始めます(笑)
そしてこの丸さんは"大仏丸さん"です。
ツカさんが大仏丸さんを見つける度に
「あれ、あなたが噂の大仏様ですか???」
と、誰も見ていないのに毎回プチコントを繰り広げてました(^ω^)(^ω^)

〓大(=゜ω゜=)仏〓

十二月ねこ曲 vol.3

1262259902-D1001933.jpg
後ろ姿もかーわいーいですよねー(^ω^)(^ω^)

〓ピ(=゜ω゜=)ンク〓

十二月ねこ曲vol.2

1262250226-D1001931.jpg
1262250225-D1001932.jpg
ハイ!!!
こちらサイカワ拓久くんご本人、そして衝撃のかわいさを披露したはしくみマドンナちゃんです!!!!!
昼夜公演の日、昼公演終了後、いそいそとこの衣装に着替え撮影会を始めたお二人(^ω^)(^ω^)
照明の稲田桂ちゃんにも光をあててもらい、ウッキウキなじゅんこんとはしくみさんでしたー♪♪

〓ウキ(=゜ω゜=)ウキ〓

ちょっと待って!!!!!!

1262247421-D1001917.jpg
あわわ!!
ちさがいい感じに1年を締めくくっている・・・・・!!
その後に済みません。
イシカワです☆
皆様、年の瀬いかがお過ごしですか???

今更!!!!!
と思われるでしょうが(私も思ってる)、
『十二月組曲』お越しいただいた皆様、関わってくれた皆様、本当にありがとうございました。
伝えたいことは沢山あるのですが、
とりあえず1月になる前に、『十二月組曲』舞台裏写メ=イシカワ編=をどどーっとアップしていきます!!!!!

早速こちらは、舞台稽古中です。
拓久がサンタさんに「大人にしてください」とお願いするシーン
パトラッシュが「あ、雪」とちょうど言っているところです
雪の照明キレイでしたー☆
藤谷さんが拓久の代役をやっております(^ω^)
楽しそうだなーと思って見ていたら、代役を終えた藤谷さんも「楽しかった~♪」と言っていました(笑)
私も拓久の代役を何度かやらせてもらったのですが、楽しかったです♪♪

「召しとったり~!!!」
って(^ω^)(^ω^)

〓代(=゜ω゜=)役〓

今日は2009年、明日は2010年!!

20091231130418

こんにちは(*^_^*)/
塚本智沙です☆




もう2009年も終わりますね。早かったです。
高校を卒業して、大学という新しい場所へ飛び込みました。自己責任の世界です。
授業の出席、レポート、テスト、夜遊びの限度、帰り時間など、いきなり自己責任の世界です。自己責任に戸惑ったくらい甘やかされて育ってきました。2009年は少し大人になれた気がします。



突然ですが、ここからは勝手に弦巻楽団の1年を振り返ります。



4月、5月
♯81/2「神の子どもたちはみな遊ぶ」
名古屋へ行きました!!私は行ってませんが!!私は応援副隊長として札幌から応援していました。あいちぃと一緒に(^^)
ね、あいちぃ!!♪
公演大成功だったようでとても嬉しいですヾ(^▽^)ノ

由起子さん、藤谷さん、塚本(雄)さん、楽さん、はしくみさん、はなちゃん、お疲れ様でした!!
ありがとうございました☆最強メンバーですね♪


あれ以来、はなちゃんとは会っていないので寂しいです(>_<)


あ、ちょこっと会った!!


7月、8月
ワークショップ、間奏曲♯1「こんにちは、母さん」

最初からお芝居を作っていくことはとても大変でした。
でもとてもとても楽しかったです!!それに、とても良い経験になりました(*^_^*)
たくさんの方々に助けてもらって、無事終えることができた公演でした。たくさんの人に出会えた公演でした。


音響やってくれた前田さん、嵐のダンスを踊ってる姿、絶対忘れません。また、ダンス教えてください!!

ワークショップから参加してくれた、
りこさん(ダンスのアップ?腹筋きつかったです!!また家行きます!!)、ようこさん(歌声素晴らしい!!)、かやっく(声素晴らしい!!)、
お疲れ様でした!!ありがとうございました☆
本番2週間前に急遽参加してもらうことになった、
「イヤイヤイヤ」の発声練習の村上さん(おじぃーちゃーん!!)、土下座の高山くん(高山くんに似た人よく地下鉄で見かけます。この前はお金拾っていました)、
お疲れ様でした!!本当にありがとうございました!!(>_<)☆

あいちぃ、はるなちゃん、2人とも忙しいのに頼ってばかりでごめんなさいでした!!
もっと役立てるように成長します!!もうちょっと待ってて(`_´)ゞ!

丹治くん、突然のお願いに快く対応してくれてありがとうございました!!
本当に感謝しています。

ありさちゃん、小屋入りからお世話になりました。とても助かりました!!
ありがとうございました☆


「こんにちは、母さん」についてはこの辺にしといて‥‥‥‥次!



10月
♯9「果実」
6年前の作品を再演しました。札幌で観に来てくれた方々にも帯広北高校の生徒さん、先生方にも感動していただけた作品だったと思います。
私自身毎日稽古を見ていて、本番も見ていましたが、とても感動しました。良いことなのかはわかりませんがそれまで読んできた台本の中で一番読みました。それくらい大好きな作品です。

村上さん、由起子さん、松橋さん、ゆうくん、丸さん、泉さん、あいちぃ、はるなちゃん、お疲れ様でした!!
大江さん、素晴らしい音楽ありがとうございました。
相馬さん、きれいな照明好きでした!!プロジェクター事件も助かりました。ありがとうございました。
スズケン、演出助手お疲れ様でした。私が少しでも力になれていたら嬉しいです。
尾崎さん、お父さんみたいでした。トラックの運転お疲れ様でした。私免許持っていたら運転代われたんですけど、普通免許も持っていなかったのでできませんでした。ごめんなさい(T^T)



12月
♯10「十二月組曲」
私にとって初めての長丁場でした。
周りの人たちも会うたびに「おもしろかったよ」と声をかけてくれるので良いお芝居ができたのだと思います。
私も楽しんで舞台に立つことができました。

丸さん、はしくみさん、かやっく、棚田さん、楽さん、藤谷さん、塚本(雄)さん、じゅんこん、あいちぃ、はるなちゃん、
お疲れ様でした!!ありがとうございました☆

そして、学院大のみなさん!!本当にありがとうございました☆いつも稽古場にいるメンバーが違っていたので、すごい新鮮でした。
ゆきちゃん、みっちゃん、シーン表とても便利でした♪最初から最後までありがとうございました(*^_^*)


泉さん、すごい!!小道具を何から何まで!!!!尊敬します!!!!!
ありがとうございました☆

ありさちゃん、演出助手と音響ありがとうございました☆抹茶ケーキの味はおいしかったですよ!!

丹治くん、たくさんの音響効果ありがとうございました☆暇あるときは寝てください(^-^)

桂ちゃん、今年本当にたくさんお世話になりました!!いつも構ってくれてありがとうございますヾ(^▽^)ノ来年もぜひ構ってください!


「十二月組曲」楽しかったです。六花亭の文字見るたびに反応しちゃいます。「十二月組曲」で学んだことは「年上は労ること」です。




今年1年、弦巻楽団を応援してくださった方々、ありがとうございました。来年も応援よろしくお願いします。観てくださる方々の期待に応えられるように来年も頑張っていきます。



石上さん、お母さんです。アドバイスなど、いろいろ教えてくれてありがとうございました☆いつも素敵なチラシ、素敵です。来年もよろしくお願いします!!


弦巻さん、来年ちさは弦巻さん台本急かす係として活躍します!!
今年もお世話になりました。と、ちさのお母さんが言っていました。
来年もよろしくお願いします!!



みなさーん!!!!
良いお年をー(^O^)/




以上、感謝状でした(*^_^*)

往復書簡 十二月

お疲れ様です。
>
> 5日土曜日の14:00の回を観に行きました、○○と申します。
>
> アンケートを送らせていただきます。
>
>
>
> <<<
>
>
>
> ☆札幌学院大学の学生さんの公演スタッフ参加について。
>
> 参加していることは知っていました。
>
> 今日(観劇後ですが…)ブログも拝見しました。
>
> 本番が近付くにつれて『十二月組曲』をモノにしてくる感じ、
>
> とってもいいですね。
>
> はじめの方は恐る恐る?「混ぜてもらってます…」という雰囲気で、
>
> 読んでて違和感がありましたが、特に本番に入ってからは面白いです。
>
> コンビニエプロンと覆面、きれいにできてると思います。
>
> (オーダーメイドだったんですね)
>
> 残りの公演も楽しんでください。
>
>
>
> ☆『十二月組曲』感想
>
> 細かく入れ替わるシーンと音楽がよく似合ってました。
>
> クリスマスソングって、聴いていると、
>
> 無条件でいいことがありそうな予感がするとか、
>
> そんな自分に気付いて奥歯に力が入ってしまうとか、
>
> 複雑な反応をしてしまいます。それに振り回されながら観ました。
>
> 2000年、少し近い過去のお話。
>
> 確かに「ミレニアムだ」なんて大騒ぎしたけれど、
>
> 21世紀になったら劇的に何かが変わるって期待していたわけではなかった気が
します。
>
> 期待すべきじゃないと知っていた、と、思っていました。
>
> でも、鹿内さんが刺された直後の台詞を聞いて、
>
> う~ん、少しは期待していたな、と。10年も昔のことですけど。
>
>
>
> たくさんの人が出てきて、それぞれが自分の人生の主役で、
>
> 誰もが自分の思惑で動いていて、言葉に出さないことは伝わらなくて、
>
> 全体からは誰も大きな影響力なんて持ちようがなくて、
>
> だけど、誰かに誰かが救われている。
>
> 自分と自分の周りもこんな風なんだろうと思います。
>
> 誰かが、客席側から見ていたとすれば。
>
>
>
> ○お酒を飲んで寝てしまうシーンのパトラッシュ。
>
> 寝てる様子があどけなくて可愛かったです。
>
> 確かに、血統書がついてたんだろうと思いました。
>
>
>
> ○沼畑先生が彼氏の家の前で立ち尽くすシーン。
>
>  全部の中で一番好きでした。
>
>
>
> >>>
>
>
>
> 新世紀に対する高揚と、クリスマスを待ちわびる気持ちと。
>
> 期待して、自制して、抑えきれなくてまた期待して…
>
> 新世紀と違ってクリスマスは毎年ありますし、今年のクリスマスだってまだこれから。
>
> やっぱり、少しでも、もしかして、ささやかだけれど、誰かに、誰かと、誰かが。
>
> 置いてきたものを慈しむために、共にある喜びを分かち合うために。
>
> そういうクリスマスを過ごしたいな、と思います。
>
> しなやかでしたたかなハッピーエンド、素敵な舞台をありがとうございました。
>
>
>
> 今日の夜公演で折り返しましたね。
>
> あと3公演、皆さまお体に気をつけて。
>
> では。







○○様

お疲れ様です。
劇団弦巻楽団代表、弦巻啓太です。
十二月組曲、ご来場頂きありがとうございました。

アンケート、ありがとうございます。
全員で読ませていただきました。
パトラッシュの寝顔・・・あどけなく見えたなら嬉しいです。演出の力です。


もう10年経つんですね。
自分は時代とか世代とか「時間の区切り」にあまり意味を感じなかったのですが、
やはり2000年はある種の「境い目」になってたと、振り返ってみて感じます。
正確に言うと1999年までの内省的意識と、
2001年以降の社会的な意識の狭間で、
「何かが変わりそうな(根拠の無い)期待」がそれでも在ったような気がします。

クリスマスの高揚感、僕は大好きです。
進んで踊らされるタイプです。
大好きな映画の言葉を借りれば、
「・・・だからこそ、束の間の夢を。・・・醜い現実が僕たちを引き裂く前に。」

何かが変わる予感も、
何も変わらないと言う諦めも、
同じものに見える瞬間があります。
大切なものはどちらでもない。
なら、ワクワクしていたい、いよう。そんな想いを照準に組曲は作られました。


まだまだ課題もたくさん残る舞台でしたが、来年も良質な作品、表現をお届けしたいと考えてます。
果実も、組曲もタッチが違う舞台だと思いますが、次作「イクイノックス」もまた打って変わった舞台です。
それでも、しなやかな、したたかな、ソウルのこもった作品にします。
ご期待下さい。

ダンス・・・見てくださったんですね。恐縮です。
来年は僕が前面に出る機会がポロポロありますので・・・もし興味が湧きましたら・・・本当に期待せずにお越し下さい(笑)。

気が付けば今年も残すところ数日となりましたね。
遅い返信ですみません。
クリスマスは楽しく過ごせましたか?
すぐに大晦日、お正月ですね。あわただしい季節ですが、どうかお体に気をつけてお過ごし下さい。

それでは。





~~~



おはようございます。

お返事ありがとうございます。嬉しいです。



2回目を観てから、(弦巻注:○○さんは二回観劇してくれてました。)

イブに古田さんが引き金を引いたのかどうか、

しばらく迷っていたんです。

引いたのに壊れていたのか、撃たなかったのか。

悲しいことがあったときのつらさを、そのときのまま取っておくことはできないと思うんです。

時間が経つにつれて、悲しいことがあったんだ、つらかったんだ、

その事実だけが塊のように胸に留まって、消すことも忘れることもできない。

思い出せばそれだけ、温度は下がっていくのに。だから、その温度を憎しみに振り替えてしまう。

美保さんが何を言っても、きっと許すとは決められなかった。

「自分が」許したんだと思うことには耐えられない、たぶん、わたしなら。

今は、ピストルは本当に壊れていたと思っています。

このことはクリスマスの贈り物的奇跡だった、と。



クリスマス、楽しかったですよ。

そう、実家のお仏壇と神棚の両方にクリスマスケーキがお供えしてあって

ちょっと笑いました。六花ちゃんとお父さんの確執を思い出したりして。



来年も『イクイノックス』の楽団ソウル、期待しています。

個人的には、冬の夜中・朝方が好きで、つい寝られないでいるのですが…

公演に向かって昼間が長くなってくるのが今から楽しみなような。








弦巻 追記 ※ 12月31日 AM01:00

本当に、ありがたいことです。
弦巻楽団はとにかくラッキーな劇団だと思いますが、中でもやっぱり、お客様に恵まれていると感じる瞬間があります。
いよいよ2009年最後の日となりました。
僕も冬の朝が好きです。夜明けの、澄み切った、どこまでも続く水色の空。
冬至も過ぎたし、これから一日一日と日が長くなってきて…『イクイノックス』に繋がっていきます。
それは善と悪、憎しみと愛、悲しみと喜び、
忘れられないことと思い出せないこと。
赦すこと。
償うこと。
相反する感情が等価で鬩ぎ合う瞬間の物語、そのイメージです。

時間があれば年内にもう一度更新したいと思います。

終わりよければ全て良し、皆様、良き大晦日をお過ごし下さい。

カーテンコール おかわり

冬来たりなば

この冬最高の寒さを記録した今日この頃、外に出てみると『冬の、雪の匂い』がしました。
冬支度に出遅れた弦巻はセーターやダウン(2年前買った化学繊維デヴューのもの)を引っ張り出し、あまりの保温効果に年に3回ぐらいしか出動しないフリース?のようなものまで押入れの奥から発掘しました。
いよいよ本格的な冬ですねえ。
過日、「十二月組曲」の打ち上げに向かう途中、自転車で見事にすっころんだ弦巻は最近は地下鉄利用です。
春まで自転車はもう我慢かな・・・。

「もうクリスマスソングは聴きたくない」と、まるでJポップのタイトルのような台詞が飛び交った打ち上げ。そんな我々を祝福(あるいは呪いを!)するようにクリスマス一色に街は染まりつつあります。
最高に楽しく、最高に切ない時期が間もなくやってきます。ワクワク。

「果実」も「十二月組曲」も随分カラーは違うけど、描き方(描く対象ではなく)も真逆ですが、公演前から申し上げていた通り「ソウル」を込めた作品作りの結果です。どちらも同じ。素面でいたいだけなのです。悲しみに振り切ることも、救われない、答えのない日々をどうにか生きていくことも。
来年はまた違った描き方に挑戦するつもりです。一言で言えば、「メロドラマ」をやりたいのです。そこに魂はあると今は考えてます。楽団流の、悲しみに悲しみが絡みつく、美しい物語をやろうと思っています。乞うご期待!

そんな最近のサウンドトラック。電車通り前の玉光堂でまたまた大量の50%オフセール!嬉しい反面、今年は本当に安売りセール(しかも閉店や縮小絡みの)が多くて、不況をちょっぴり感じたりします。でも、買っちゃうのだこれがまた。
(余談ですが、最近弦巻は1人経済活性化運動を行なうべく、むしろお金を使うようにしてます。いや、そんな懐事情が暖かなわけは無く、どう言うことかというと、外食などどうしてもお金を使う時はファーストフードじゃなく近所の定食屋にする、など『自分のお金が誰のものになるか分かる』場所でお金を使う、と言う事を心がけてます。もちろん、分かってる気になってるだけですが。)
バート・バカラック『リーチ・アウト』
チコ・ハミルトン『クインテット』
カーリン・クローグ『ミシェル・ルグランを歌う』
フォウ・フレッシュメン『5トロンボーンズ』
マイルス・デイビス&ミシェル・ルグラン『ディンゴ』
デューク・エリントン&ジョニー・ホッジス『サイド・バイ・サイド』
同じくエリントン絡み『ザ・デュークス・メン』
カウント・ベイシーとランバート・ヘンドリックス&ロス競演盤。
チェット・ベイカー『it could happen to you』
リー・コニッツ『トランキリティ』
最近のもね、
アリス・コルトレーン『トランスリニア・ライト』
ビルド・アン・アーク『ラブ』(ニック・ドレイクを彷彿させる曲が!!)
ロックもね
トップローダー(!!!しかも2nd!!!最高!!!)
ウィーザー『ラディチュード』
今一番ヘビロテ中(きゃ!)なのが
ソンドレ・ラルケの『デューパー・セッション』
洒脱です。軽くて、お洒落で、悲しみをスキップで渡る音楽。

おまけに今回のバラシ中の一こま。今回は二日に分けてのバラシだったので翌日、のんびりみんなで昼飯を食いながら行ないました。
えびすや万歳
皆さんも防寒に気をつけて。
皆さんのクリスマス大作戦がうまくいきますように!!

十二月組曲 カーテンコール

トマトリゾット

来年競演する役者から「あれは力作を書いた手応えがあったんじゃないですか?」と、
実家の母親から「あれは手を抜いて書いたのかい?」と、
両極端な賛否を(脚本に関しても、それ以外でも)呼んだ「十二月組曲」が終演して早5日が過ぎようとしてます。
いかがお過ごしでしょうか?師匠も駆け回る12月、一年のクライマックスを迎えて忙しくしているところでしょうか?弦巻は去年と同じ、一年で一番ゆっくり過ごせる時間を送っております。
たまった本をまずは読破することからはじめようと思います。じっくりと物語に浸るつもりです。「エンプティ・チェア」、「長いお別れ」、20年ぶりに再読しようかと思っている「薔薇の名前」、「あなたに不利な証拠として」そしてクリスマスからは「歓喜の島」を再再再再再…読。これは僕にとって恒例の行事。ウィンズロウはなんと今年の「このミス」海外部門1位に新作が選ばれていた!まさかの復活!もちろん購入して読む予定。
他にも専門書、エッセイなど。

さて、まだまだ続々と感想のメールが引きもきらない「十二月組曲」…あれ?そうでもない?
ですが、頂いたメールは全て、じっくり、読んでおります。
お返事、折を見て書く次第です。今しばらくお待ち下さい。

では恒例の舞台裏を…演出編です。
おや?!  今回は札幌学院大の「演劇とアートマネジメント」ゼミの皆さんと協同で作業させていただきました!特設ブログ、見ていただけましたか?画像には演出助手を担当した二人が代役で立ち読み稽古に参加しております。お!その右端にはセイサクが代役で参加する激レアな瞬間が!!

援助ではなく助演  左+中が助演出の2人、阿部さんと児玉さん。ケーキ教室のシーンでは出演もしてくれました。右は同じく出演してくれた制作補助の田中さん。パティシェ役の丸山君からも「良い顔してる」と演技が絶賛されてました。

かさぶたのお2人  今回前説をお願いしたかさぶたのお2人。弦巻の無理な注文にも応えて、完全にアウェイな空気の中頑張ってくれました!

トップの画像は関係なく、終演後に稽古場近くの定食屋で頼んだトマトリゾット。
もちろん塩も胡椒も醤油もかける必要無くおいしい。
たくさんの、たくさんの人たちに支えられて公演は行なわれました。
それはいつもと同じかもしれませんが、いろんな意味でいつもより骨身に実感しました。
学生さんや、かさぶたさんが関わってくれたことで(芝居に対して予備知識がない人たちと作業することで)見えたことが随分あります。確実に弦巻楽団の来年の活動に影響を与えて行くでしょう。

ちょっとだけのんびりして(今度こそマイケルの映画を見に行くのだ!スガイで再映決定!)、すぐ来年春までの活動の始動です。出演舞台の稽古に、#11の企画をまとめ(またまた楽団の新機軸!)、そして弦巻初のトーク・ショウ in バレンタイン(ぎゃはは)の構成、準備。(稽古しなくては!なんせ歌う予定なのだ!はい。いつものように、ふざけて見えて、結構まじめに取り組みます。)

いろいろアクシデントがあったこの公演、実は終演後最大のアクシデントが待っていました。
なんと、記録用に録画していたビデオが
80分で止まっていた
のです!!(本編は110分)
しかも、今回バタバタしたため、千秋楽までビデオの準備を忘れていたのです!
つまり、記録用含め、
十二月組曲の映像はこの世に存在しない
のです!!!!!!

まあ、残ってないものは仕方ない。演劇とは風に記された文字だと言うし。いつか、僕や皆さんの胸の中からその風も失われることでしょう。仕方ない。まあ、奇跡を夢見た物語にはそれが相応しい気もします。
一瞬の邂逅を重ねたあの物語に、ハッピーとサッドネスが同時に押し寄せるあの物語に、機会があればもう一度出会えることを作者でありながら願います。
もう一度「十二月組曲」を再演できる集団でいるためにも、新しい表現へまた向かうのだ。

いやね、だからね、けっこう精魂込めて書いた物語だったわけですよ。

喜びを他の誰かと分かち合う

つい先ほど帰宅しました。
おかげさまで、弦巻楽団 第10回記念公演 『十二月組曲』は無事沢山の、本当に沢山のお客様に観劇されながら終演いたしました。日曜以降の回はかなり窮屈な客席となってしまいました。そんな中、座席を譲ってくださったり、スペースを自分から作ってくださったお客様、本当にありがとうございます。
正直に言って、我々は「まだまだ」な劇団です。
完成度の高いエンターテイメントを提供するべく日々研鑽を積んではおりますが、温かく、そしてそれ以上に厳しく見守り、批評し、感想を述べてくれる皆さん無くしては、これまでの活動はあり得なかったでしょう。
もっと、よりもっと上質な舞台を、一瞬を生み出すべく精進していきます。
それでも、「弦巻楽団」でしか得られないフィーリングを、
楽団作品でしか感じ取れない感情を求めて劇場に足を運んでくださる皆さん、
正直に言って、「愛してます」と言う言葉を越えて、信頼と友愛を送ります。
ありがとうございました。

弦巻楽団の今年の活動はこれにてフィニッシュです。
今年は冒険と出会いをテーマに活動を重ねました。
来年の計画や方針もだいぶ目処が立ってきました。近日中に発表します。
とりあえず、「イクイノックス」までしばしの別れです。
弦巻のトークショウや出演舞台などでそれまでは逢瀬を楽しみましょう。

本当に、あっと言う間の12月です。
でも、まだなったばかりの12月です。
クリスマスまでだって2週間以上あります!
意図的に、謀を持ってこの時間を楽しみましょう!
ワクワクも、ドキドキも、自分たちの手で産み出しながら。
誰かに喜んでもらうために。誰かに笑ってもらうために。
誰かなんて、きっと誰だって良いのですから。

素敵な12月を。
皆さんのクリスマス大作戦がうまくいきますように!!
もう一度、ありがとうございました。

次回公演のお知らせ

十二月組曲フライヤー 弦巻楽団#10 「十二月組曲」の情報はコチラ! 


特設ブログ 十二月組曲特設ブログも開設。ぜひコチラもご覧下さい!

十二月組曲、最終日

終楽章がいよいよ差し迫って参りました、弦巻楽団#10『十二月組曲』。
お客様にも恵まれ、不況だ不景気だと観劇人口の減退を嘆く声も飛び交う中、無事、5日目まで盛況に公演を続けて来れました。日曜日は会場の外まで笑い声が響く、俗に言う「うねり」まで起きた公演となりました。ほんと、お芝居はお客様と一緒に生み出すものです。痛感しております。前回公演のご挨拶でも述べましたが、本当にお客様に恵まれた劇団だと思います。初めて客演された怪獣無法地帯の棚田さんがアンケートの回収率の高さに驚いていましたが、全て、しっかりと読ませていただいております。賛否両論が渦巻く今公演も、明日で千秋楽です。

小さな、ささやかな感情を扱ったこの群像劇がどのように受け止められたか、非常に気になるところです。

棚田さんに「昔の弦巻君の作品はドロドロしてたよねー」と言われました。
確かに。否定は出来ません。じゃあ弦巻がスッキリしたかと言うと、そんな訳ではありません。
悟ったわけでも、諦めたわけでも、考えないようにしてるわけでもありません。

悲しみも絶望も虚無も、ドロドロと膿みのように心の底に今も沈殿しています。

そして、何も隠してるつもりもありません。

たとえば、人によってはバンプ・オブ・チキンに「ソウル」を感じるように、
僕は山下達郎の完成された、クリーンな音に「ソウル」を感じます。

カート・コバーンの旋律に悲しみを読み取る人がいるように、
僕はバカラック、ルグラン、エリントンの旋律に悲しみを発見します。

12月が来るたびに、ちょっとだけ悲しく、ちょっとだけワクワクします。
街を歩くだけで、「特別な気持ち」になり、何かが起こりそうな予感にちょっとだけ包まれます。
きっと、この12月の札幌のあちらこちらに、今作の登場人物のような人々が恋をしたり、祈りを捧げたり、思い出にとらわれながら駆け回ったりしてることでしょう。僕や、あなたと同じように。
そんな物語を、そんな彷徨える魂に向けて、エールを送るように書きました。
小沢健二の「戦場のボーイズ・ライフ」を150回くらい聞きながら。

明日で最後です。
お時間があれば、是非劇場で、登場人物たちと一緒に恋をしたり、祈りを捧げたり、思い出にとらわれながら駆け回ったりしましょう。僕らが寄り添い合う喜びと恥じらいのリズム、それはきっとワルツ!
なんてね。

劇場はクリスマス

またまた画像が添付されていないビッシリ文字情報ですが、読んで欲しいなあ。飛ばされちゃうのかなあ。
さておき。
「十二月組曲」ついに4ステージを終えました。ひー。あっという間じゃ。初日も二日目もご報告できずに来てしまった。どうしてこうバタバタしてしまうのだろう(自分のせい)。今回は本番中自分もスタッフとして働いているので、いつもより緊張して日々過ごしてます。でも決められた仕事がある分、余計なこと考えずに済んでるのかも。
沢山のお客様にご来場いただいております。ありがとうございます。
今年は弦巻楽団としてすでに3度公演して来ましたが、新作、本公演は今回だけです。

今、この瞬間を表現しようと練りに練った作品です。
その表現のキャンバスとして、2000年の12月を選びました。
1999年でもなく、2001年でもなく。
悲しみも、喜びも、不安も、切なさも、全て詰め込んだ作品となっております。
悲劇とも、喜劇とも呼べない、僕たちの周りの日々の、グズグズとした呑みこみにくい感情の断片を散りばめた、35の変奏曲です。
公演は火曜日まで続きます。
残り3ステージ。

劇中の言葉を(手前味噌ですが)借りて言えば、
「2009年はどんな年でしたか?
嬉しい一年でしたか?
悲しい一年でしたか?
全ての人にハッピーなクリスマスを!」

劇場でお待ちしております。
今年最後の公演です。
是非お見逃し無く。

3日目!!

1259983569-STIL0036.jpg
おはようございます
イシカワです(^ω^)
あっという間に3日目です。
今日の夜公演で折り返しです(きゃー早いっ)
只今本日の確認が終わり、各々ご飯を食べたり、舞台を使ったりと自由に過ごしております。
今日、丸さんが発声練習で「島唄」を歌っていました。
棚さんはエヴァンゲリオンを歌っていました。
みんな絶好調です!!!!
受付ではこんなにかわいらしいサンタさんが皆様をお待ちしています(^ω^)(^ω^)


〓ジャー(=゜ω゜=)ン〓

2日目終わりニャ!!!

1259931615-D1001923.jpg
お疲れ様です(^ω^)
イシカワです☆
2日目終了しましたーっ!!!
たくさんのお客様ありがとうございました!!!!!
緊張の初日が終わり、2日目。
みんな、今日はどっと疲れたようです。
明日は昼夜公演!!
みんな張り切っております!!!!!!(゜ωωω゜)めきっ
夜がオススメとなっております!!!
7(月)もオススメです!!
週の始めに見て元気になってくださいねー(^ω^)
お待ちしてまーす☆


〓受付(=゜ω゜=)サンタ〓

初日!!

1259813941-D1001912.jpg
おはようございます!!
イシカワです(^ω^)
いよいよ初日です!!
只今、昨日のリハーサルのダメ出しが壁に貼られ、みんなで確認中です!!
今回も出来る限り、生更新ガンバリマース☆

〓中(=゜ω゜=)継〓

 | HOME | 

Calendar

« | 2009-12 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。