楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の晩餐(2008)

さてさて2008年も終わりということで、
自分に関係あることないこと振り返ってみましょう。

今年はなんと言っても「主役の不在」を感じた一年でしたね。
ガツン、とアイドル界全体を背負って立つような人がいなかった。
みんな個別に「自分だけのアイドル」を応援してるような。
そうなると、やはり今年はパフュームの年でしたねー。
お茶の間の話題もパフューム一色だったんじゃないでしょうか?
(僕の自宅に茶の間は無いので推測)
おじいちゃんもお嫁さんもお孫さんも「パフューム!パフューム!」
となってる微笑ましい画が浮かびます。数々の小学校の運動会で「ポリリズム」が流れ、
子供たちがマス・ゲームを行った事でしょう。(あくまで推測)
なかなか長澤まさみが譲ったポジションに飛び込む人が現れないですね。
グラビア界の黒船はすっかり日本に停泊し、
電気街の修学旅行のようなユニットは(弦巻がメンバーを把握する間もなく)
増殖を続け、いまや女子高そのもののようです。
個人的に「モデル→テレビタレント化→グラビアを席巻」のパターンに期待してたのですが、
先鞭をつけた長谷川京子は結婚、
佐々木希にもちょっと乗れず・・・(何故だ?!)、
えびちゃんってどこに行ったの?!
と言うわけで、「恋に落ちるような」出会いはありませんでした。
あ、北川景子のブログは読んでます。文章、上手ですよね!
すっかり女子アナ界に注目しております。
傾向として、TBSのアナウンサーにぐっと来て、
テレビ朝日のアナウンサーにはふーん、となる模様。
来年は、弦巻のからっぽの心を引き裂き、
新たな場所へ連れて行くような「超新星」の出現に期待です。

昨日でとりあえず弦巻は仕事納め。
来年への準備をとりあえず終えました。
今日は静かに年越しです。
これから2008年最後の鍋です。今年は鍋の魅力にはまった一年でした。
調理が楽、そして後片付けも楽、と言うことで何かと鍋ばかりやってました。
残ったらリゾットにできるし。
鍋は偉大だ。

今年は
#6「エブリシング・マスト・ゴー」で東京→札幌初ツアー。
#7「ローリング・サンダー」で教育文化会館で初のホール公演。
#8「子供のように話したい」で「ストレート・プレイ」に楽団なりに挑戦(?!)
全公演見てくださった方、どうもありがとう!
どれかひとつでも見てくれた方、変わらず、どうもありがとう!
あと弦巻個人の活動、
「椅子」や「ダンスしないか?」、「転がる小春~」も見てくれた方、本当にありがとう。
「忙しすぎじゃない?」と色んな方に言われましたが、ワーカホリっこ弦巻は
来年もバリバリ(ぜえぜえ)行きます!

「百年に一度の危機」らしいですが、
みなさん、エレガントに、元気良く行きましょう。
愛のために、戦わないために、
弦巻楽団は来年も新たなチャレンジを重ねて行きます。
どうか、応援、よろしくお願いします。
また来年、劇場でお会いしましょう。
みなさん、よいお年を。
スポンサーサイト

クリスマス終わっちゃいましたー!!!!
みなさまの所には、サンタさん来ましたか??
知北です。

今年はホワイトクリスマスにはならないねーなんて話していた矢先、何この吹雪?!
朝起きたら、窓がすごいんですけど!!!
道も空も真白なんですけどーーー!!!

ひとり、叫びました…

寒いので、コートの下にスキーウエアのズボンの薄いヤツを着て、ブーツはいて出掛けました。

一見かわいいコート、よくみると、
ブーツからはみ出ている灰色のふくらみが、より一層おじさんムードを醸し出す…

地下鉄で、OLさんにちょっとギョっとされつつも、強気で乗車!

そんな人誰もいない!!
何で?!
寒くないの、みんな!!!!

でも、私は 負 け な い !


さて、先日、前世占いなるものに行ってきました。
さまざまな過去の中から、近世で必要な過去を3~4つピックアップして、教えてくれました。

貴族のお嬢さんだったり、古いお城で勤めていたり、しましたが、面白いものが、ひとつ。

ベネズエラで、ロングの赤毛の女性だった時。
昼は古着屋さんで働き、夜は、ミュージカルスターだったらしいです。

そして!その時プロデュースしていたのが、なんと弦巻さん!

お芝居を続けるなら、弦巻さんと一緒にやった方がいいらしいです。
おおおおー
その時からのつながりかー。
だから”楽団”なのかな(笑)

と、言うことで、寒くなりましたが、みなさまお元気でお過ごしください!
それでは、きままに、ばいばい。


トナカイが町から消える夜

ジャンゴロベー!!
気がつけば街はクリスマスですな。
軽薄だ、クリスマスもともとの宗旨とずれてる!、
とどれだけ言われようが、
僕はこの雰囲気が大好きです。
クリスマスソングが流れ、猫も杓子も理由なくお祝いムードになってる
(ように見える)、この季節がくると、恋人が居ようが居まいがうきうきして来ます。
暗いおどろおどろしい(明らかに不安感を煽ってる)ニュースが嫌でも耳に入るこの師走、
個々の事情を越えて、肯定的な空気が溢れるこの「クリスマス効果」は
(宗教的な意味合いを越えて、むしろ宗教的な気がします。)
逃避でもなんでもなく、現代を生きる上で大事だとさえ思います。
まあ、どうせならはしゃいじゃおう!と言う訳です。
希望とは無関係に。

でも、クリスマスが終わった後の寂しさもおつなもんですよね。
なんでしょうね、あの終末感。敗北感?
急激に街に侘しさが溢れるような気がします。
ちょっとはしゃぎすぎたかな・・・と、酔いが覚めてから後悔してるように百貨店なんか見えます。
「あー、なんでケーキ皿プレゼントなんてしちゃったんだろ・・・」とか。
ま、すぐに年越しムードがやって来る訳ですが。

去年まで、年に5回も出席すれば多いほうだった宴席に、
今月は本番が終了してから既に6回、そして明日、あさってとまだ続きます。
これが大人になるってことね、と思いながら、でも結構エンジョイしてます。
きっと変わるべき時を今、自分は迎えてるんだな、と思います。
様々な局面で、ひしひしと求められてる気がします。
32歳、男啓太の正念場です。

過渡期、とはよく言ったものです。
せめて軽快に。エレガントにとは行かなくても、着地で失敗しないように行きたいものです。

よい聖夜を。
皆さんのチャレンジや企みや欲望や夢や希望に幸運を!

写真はまたまた関係無いけど、「子供~」公演中、
自分で作った小道具用生クリームが余ったので食パンにつけて食す演助のザキサン。
ケーキは一部だけ本物でした

名古屋 弦巻 本陣 長久手 (一つ楽団にゆかりある人名が混ざってます)

と、言うわけでこの年末忙しいさなか(世間がね)ひとっ飛び名古屋に行ってまいりました。
もちろん観光ではなく次の公演の打ち合わせです。
弦巻楽団の次回公演は名古屋で開かれる
『演劇博覧会 カラフル3(セカンドステージ)』に出品されるのです!!
その会議が当地では前々から隔月で行われてたのですが、
簡単に行ける訳なく、だが直前に行くのはまずかろう、
と、セイサクと協議した結果、12月のこのタイミングがベストじゃろう、
という判断の元、単身乗り込んで行って参りました。

順調に事が運ぶ訳もなく、札幌駅に着いた所で弦巻は愕然!
エアポートが55分までない!
なんで?!45分にあったはず!
10時45分発のJRで11時15分に空港着→搭乗手続き→40分フライト
の楽々コースを想定してたのに!!
55分発だと11時30分空港着で絶対間に合わない!
往復航空券、宿泊つき予約プランで
「変更、振り替え等は受け付けられませんから」って代理店の人が言ってたのに!
あわわどうしよう。
JALに電話。
「それはもう間に合わないですね・・・新しくプロパーにチケットを購入して頂かないと、」
「プロパーで名古屋までだと今いくらですか?」
「37800円ですね。」
泣きそうになる。いや、半べそです。
幸い空港内ではJRを降りて一番近くにその航空会社の受付カウンターがある。

「諦めたら、そこで試合終了だよ。」

走ろう。例え、搭乗受付が終了していても。最後まで、全力で戦う。

必死の形相で全力疾走でカウンターに駆け込む。
「お願いします!!」
「あー、こちらはもうちょっと無理ですね。ドアが閉まってしまってますので。」(←韻を踏んでる!)
「そこをなんとか!」
「もう5分前なので、」
「そこをなんとか!」
「・・・」(上司に目配せ)
「(上司)お客様、こちらの便はもう無理ですね、ドアが閉まってまして・・・」
「そこをなんとか!」
「・・・かなりお時間後になってしまいますが、次の便ではどうですか?」

やったぜ!
ありがとう!カウンターのお姉さん、首の皮一枚で繋がりました。
ふう、幸先良いのか悪いのか。
名古屋観光する時間は無くなっちゃったけど、よしとしよう。
37800円って!!既に購入済みの往復(宿泊込み)チケットより高いじゃん!

おかげで名古屋ではカツカツのスケジュール。
味噌カツもひつまぶしもモーニングも頼めませんでした。名古屋まで来てココイチって!!

会議ではカラフル3参加劇団のうち、25劇団32名と会う。
その後交流会。たくさんの方とお話する。
「弦巻って本名なんですか!」(一番多く聞かれた質問) ハイ、・・・芸名ならもっとカッコ良くします。
「まさか、このためだけに北海道からきたの?」ハイ、そうです。
いやあ、緊張してたんだけど、皆さんわざわざ北国から出て来たって事でちやほやしてくれる。
よかったよかった。
この辺の中身に関しては情報公開が進んだらまたアップします。
次の日は記者会見(弦巻が代表回答者に!)→劇場の下見。
劇場には行けないと思ってたんだけど、主催者の計らいで視察できる事に。
長久手の劇場で半年後ここで上演する事を考え武者ぶるい。
同行した東京の「負味」と言う劇団の代表、塩瀬さんとあちこちチェック。
ついでに僕らはやらない隣のホール(こちらの方が大きい)も見せていただく。
すげー。かっこいい。

そのまま空港まで一気に帰り、そのまま帰札。最終便のフライトでした。
流石に飛行機にも慣れたかな、と思ってたんですが
やっぱり怖かったのか翌日内ももが筋肉痛になってました。

sippai!
空港で3時間すごすことになりショックを隠しきれない弦巻。

RPG!?向こうからホブゴブリンが・・・
名古屋拘置所、じゃなくホテル。ミスチルの箒星のPVみたい!!

お知らせでーす。

代表の弦巻です。
いつも公演を見に来てくれている皆さんにご報告があります。
第3回公演以来、全公演に出演している石川藍
正式に弦巻楽団に入団しました。
実は「ローリング・サンダー」終演後に入団はしていたのですが。
どのような形で伝えるべきか、発表するべきか分からず、この時点での発表となりました。
これで、楽団は4人となりました。
これからさらに「豊かな」作品が作れるように、4人で頑張っていこうと思います。

さあ、明日からさっそく次回公演の打ち合わせに名古屋に行ってきまーす!

oy asum ide wanai
画像は全然関係無いけど打ち上げの席でもイメトレ(ずぶぬれ作戦)を欠かさない演助のフジクンです。


続きを読む »

公演が終わって、景色はあっという間に冬になりました。
みなさま、風邪などひいていませんでしょうか?

本番が終わって、好きな音楽聴いて、好きなゲームして、、
今日は「乙女や雑貨店」さんのお芝居を観て、何にもない日々を満喫している知北です。
もう、台本読まなくていいんだ!って嬉しい暇人です☆

打ち上げも終わり、アンケートも全部読み直しました。
ありがたい言葉や、うれしい言葉、本当にありがとうございました。
皆様にお会いできて、とっても嬉しかったです。
私も、告白のシーン、好きでした☆
花ちゃんは、本当に小学生にしか見えませんよね★

お祭り的なお芝居や派手な舞台などが続き、今回の舞台を公演して、
「これが弦巻楽団です」って胸を張って言えるものができたかなぁと、
個人的に感じております。

これからも、前に進むのみ。なのかな。
がんばんなくちゃ、ですね。

来週は「WAP CUBE」さんのお芝居を観に行き、その後、制作さんと忘年会する予定。
参加されたい方(関係者w)ご連絡お待ちしております★

みなさま、お風邪などに気をつけて毎日をお過ごしください。
アンケートに書ききれなかった感想など、メールでお待ちしております。
劇場で、ちきたを見つけたら、教えてくださっても構いません。
(かなりの人見知りですので、挙動不審だったらごめんなさい)

それでは、皆様気ままにお元気で!!

子供のように喋りたいのだ。静かなタンゴのように。

弦巻楽団#8「子供のように話したい」
全8公演、無事、終了しました。
ご来場いただいた全ての、
たくさんの、本当にたくさんの皆様、ありがとうございます!
今作で初めて弦巻楽団を体験された方、如何だったでしょうか?
これまでも弦巻楽団を見てくださってた方、今作は如何だったでしょうか?
今までとは違う、弦巻楽団を御見せ出来たでしょうか?
これまでと変わらぬ、弦巻楽団のこだわりは御見せ出来たでしょうか?
ご感想、お待ちしております。
当日、会場でアンケートに書けなかった!
または
今思い返すとこんな事が言いたくなった!
などなど、これからでも結構です。どしどし、楽団までお送りください。

僕は自分が舞台に立たなくなって4年になります。
(ゲストで2年前他劇団さんに1シーン出たけど。)
演出に徹する目的で。役者が嫌になった訳では全然無い。むしろオファーを待ちつづけています。
今回は、本当に役者が羨ましくなった。
色々な要因があるけれど、きっと実際に舞台を見て、分かる人は分かってくれると思う。

色々と言えば、様々な感じ方ができる作品を作る、と言うのも今作でのトライでした。
どうだったでしょう?
アンケートを読むと、年代によって受け取り方が様々だったり、既婚か未婚かで
反応が分かれてるようでした。
(アンケートにそんな項目がある訳じゃありません、
弦巻の身近な女性の知り合いをリサーチした所、です。)

10年後、この作品をやれたら面白いなと思います。
今回と同じ仲間でやっても、
今回と違う仲間でやっても、
胸が詰まる何かを生み出せるんじゃないだろうか。
それぞれの、僕たちの置かれてる10年後の状況の意味合いに応じて。
そして、その両極の『現在』を、どちらにしても肯定できる魔法を、
きっとこの作品は持ってる。
自作を持ち上げてる訳じゃありません。
それに、お客さんにとって『良い芝居』に仕上げる事が大前提だしね!

今日は打ち上げでした。
10時間以上寝ました。
明日から僕は戯曲講座の戯曲を仕上げ、
来週名古屋で開かれる会議で質問する事をまとめ、
来週札幌で開かれる会議の議事を取りまとめ、
1月に開く自分のワークショップ(札幌じゃないところでやります)の中身を決め、
来春演出する(これがおそらく2009初演出)TPSの「魔法」の構想を固めようと思います。
18日には今年最後のラジオをやります!
ラジオカロスにて、22時30分から!濃い内容でお送りしまーす。
もうちょっと企画(ネタ)をもとうかな、と。現在思案中。

弦巻楽団の次作は8か1/2公演!!
「なんじゃそら、」とは思わないで下さいね、ちょっと変わった趣向の作品になります。
「番外編」みたいなものです。
ただ、「番外編」と銘打たずパソコンで変換されない帯分数にしたのはもちろんゲンカツギです。
自分にとってバイブルなのです。
弦巻楽団#8か1/2公演
『神の子供達はみな遊ぶ』  All God's Chillun Get Fun !!
4月下旬、扇谷記念スタジオ シアターZOOにて。

まああああったく意識してなかったのですが「子供」つながりです。
こらビックリ。
でも今回とはまた全然違った作品になります。
ただ、弦巻楽団としてやりたいことは変わりません。
「滋養」になるような作品を作りたい。それだけです。

最後に劇場の出口から見た中島公園の景色を。
koh arubi yori

終わりましたーーーーー!!!!!

「子供のように話したい」にご来場いただき、ありがとうございました!
舞台セットもバラして、家に無事帰宅しました。
私はチキタです。
ひばり役やっておりました。。。

終わりました。
ふぅぅぅ。
みなさま、感想などは、さまざまかと思いますが、いかがでしたでしょうか??

チキタは、楽しかったです。

女の子達4人の未来がなんだかあたたかくて、幸せな気持ちでした。

毎公演、好きな人に振られてカナシイ思いもしましたが、
振られて、ベンチをドンって手でなぐっていたので、右手が超痛いけど、
腕にブレスレットをつけて毎回倒れていたので、両腕青タンだらけになったけど、
菜々の振り回す包丁が頭に何度もぶつかって、おでこが赤くなっているけれど、
机に登る時、毎回足ぶつけていたけど、

でも、ほんわり明るい未来に癒されてました。



本日、昼公演終了して、すぐ、まだ客席でBGMが流れている時に、音響さん捕まえて、女の子達でパシャリしました。本当に、公演終了後すぐなので、髪が濡れてます!
jみんな2(左から:石川、藤谷、小林、知北、佐藤)

では!もう眠ります!!
おやすみなさい☆
皆様良い夜を!!

明日の夜は打ち上げダ!

スピーク・ライク・ア・チャイルド

弦巻楽団#8「子供のように話したい」、本日(9日)が最終日となっております。
平日なんですが、今回思い切って昼公演を行う事にしました!!
きっと、この時間の方が来やすい人がいるはず!!
という考えで、やってみることにしました。ええ、結構無謀です。
普段「お芝居って土日ばっかりで見る機会ないよー」とか、
「夜だとあたし出勤だしぃ」とか仰る方もぜひこの機会に劇場へ!
今日は14時と19時半開演の2ステージです。
ラストです。全員一丸となって死力を尽くします。

さて、今回の公演、影に日向に大活躍の二人の演出助手を紹介しましょう。
o sor oi ! !

悪の秘密結社ではありません。
左: 甘いもの&弦巻の小言担当、山崎亜莉紗(ザキサン)
右: 特殊効果&装飾品担当、藤原博之(フジクン)
この二人がいなければ「子供のように話したい」は成立しません。
弦巻がいなくても大丈夫なのに!!ブヒー。
演出家は本番に入ると役立たずなのです。
ヤマさんはまだ自転車で劇場まで通ってます。
フジクンは先日本番前、準備中廊下で寝て危なく凍死するところでした。
たくさんのスタッフさんに支えられて公演は行われるのです。
それも今日で終わり。
激しい2008年、良いフィニッシュを飾るべく、早く寝ます。

ぜひ劇場へ。
子供のように話しましょう。
ぼくらにまだ、その能力があるなら。

折り返しコーナーを曲がる(転倒2回付き)

#8「子供のように話したい」が今日の2ステージを終え、
3日目、5ステージを終えた事になりました。
たくさんのご来場者の皆様、足もとのお悪い中、本当にありがとうございます。
特に地下鉄で中島公園駅からお越しの方々!
無事だったでしょうか?弦巻は朝劇場に向かう途中滑って転倒しました。
横を歩く楽太郎が唖然として直立で上から見下ろす中、
弦巻は勢いよく滑り、仰向けに歩道に横たわりました。
一生の不覚!!しかも役者の前で!!
悔しいので劇場に着いてからやってくるみんなに
「転んだべ。」と決め付けてかかる。
すると石川は「転んでません!滑っただけです。あれは滑っただけです。」
と、必死に弁解。
さらに小林は「!見てたんですか!?」
やはり僕だけじゃなかった!!
#8 「子供のように話したい」は明後日まで、残り3ステージとなりました。
当日券、ご用意しております。諦めずに劇場にお越しください。
ただ、中島公園方面から来る際は、蕎麦屋の手前辺りから路面に十分に注意してください。
既に犠牲者が2名出ております。(1名は心が折れる重傷。)

自分がこけた事で芝居はこけない!と、ジンクスを勝手に作り本番に臨みました。
さらに、嬉しいサプライズ!
セイサクの前回の日記でもお知らせした「子供のように話したい」の舞台美術が
昨日閉幕した「札幌劇場祭」において舞台美術賞受賞しました!!
ひゃーうれしー!!
凄い事です。
今回、受賞した本人である舞台美術家さんはきょとんとしてましたが、嬉しいようでした。
なんだか僕の手柄じゃないのに光栄です。ありがたい!
しかも、「子供のように話したい」はまだ上演中!!
ぜひその目で確認を!!

さて、今日の帰り道、照明家さんの車を大通りで降りた瞬間、再びスリップ!
まさか日に2度も転倒するなんて。
神よ、何の罰ですか?
これ以上、まだ私を苛むのですか?

明日は気をつけよう。

da  siosi  mi

*ちょっとだけその舞台美術を公開!あ!これは仕込み中の画像だ!


--------------------------------------------------------

セイサクから追加!
昨日12月7日14:00の回で
帽子をお忘れの方いらっしゃいませんか?
劇場でお預かりしております
シアターZOO(011-551-0909)まで
ご連絡お待ちしております
ちなみに私はまだ転んでないぜっ

初日を終えましたよぅ

セイサクでございます
ごぶさたしております

昨日なんとか公演初日を迎えました
お足元の悪い中お越し頂き
ありがとうございました
今日はさらに天候が…な感じですが
十分にお気をつけてお越し下さいませ

今回はいつもの弦巻節を残しながら
「大人に贈るファンタジー」と銘打ってるだけありまして
大人の抱える愛しさ・切なさ・心強さなど
100分という上演時間の中に凝縮されております
わいわいしつつ じーんとしつつ
物語は展開されていくのです
そして美術がまたステキ!
これも是非見ていただきたいところ
この6日間で壊されてしまうのが
もったいなーい出来上がりです
会場はあまり広くないのに
どこかに連れ出されたかのような気分になります

12月6日朝現在のチケット状況ですが
本日の土曜昼と日曜昼が
現時点でちょっと込み合っております
あとの日程はまだ余裕がございますので
ご希望の日時がありましたら
市内の4プラプレイガイド・大丸プレイガイドで
まだチケット取扱しておりますので
どうぞお早めにご購入・ご予約お願いいたします

お問合せの電話が繋がりにくく
大変申し訳ございません
その場合は会場である
シアターZOO(011-551-0909)まで
ご連絡をお願いいたします
各日当日券もご用意しております

弦巻楽団の次回公演は来春です
しばらく間を置きますので
年末の忙しい季節ですが
是非足をお運び下さいませ
地下空間にてお待ちしております

子供のように

いよいよ初日前夜を迎えました。
弦巻楽団#8「子供のように話したい」
佳境を、両手を広げて迎えております。

サウダージ、サウダージと分かったような事をここに記してきた筆者ですが、
最近、やっと「サウダージ」と「ノスタルジー」の違いを上手く表せるようになりました。
もちろん、あくまで僕の解釈です。
「弦巻の言うようにテストで書いたのに間違いにされた!!」とか、
クレームは無しでお願いします。
僕が感じるに・・・
同じ『郷愁』でもノスタルジーは「昔は良かったなー。」と振り返る事で、
サウダージは「今は良くないなー(昔と比べて)。」と感じることだと、思います。
「じゃあサウダージがテーマって凄い悲観的な作品ってこと?」
と思った方、そうではないんですよねー。
そこが説明が難しいのですが、
そこには、以前書いた「前向きな諦め感」があるのです。
失った恋を思い、胸焦がすような、でもその「切なさ」をわざわざ抱えて生きてるような感覚・・・。
ああ!上手く話せない!!見てくれれば分かるんだけどなー!!!
まあ、気が付けば師走です。
たまには、しっぽりとした作品も良いでしょう。
つまり、ぜひ見に来ていただきたい、と。

さあ、明日からです。
チケット、まだ入手されて無い方はお早めにどうぞ!!
5日から9日までの全8ステージ。
劇場でお待ちしております。
弦巻楽団の、新たな代表作(に、なる予定)です。

本番小屋入り前日です。

あああ。
佳境ってやつです。

寝ても覚めても芝居で頭がいっぱいになる時期です。
お芝居の期間は、お仕事などをお休みしなくてはならないので、仕事も山もりな時期です。

制作さんは、パンフレットのレイアウトに精を出しています。

役者さんたちは、それぞれがそれぞれで役について悩み、どんどん深い色になってきています。

演出は、役者に動きを付けるため、自ら動いて演技指導。

その姿をみて呆然とするはるなちゃん。

「なんだよ?!(何見てんだよ?!)」と、心なしか焦っている弦巻さんに、一言「いや、すごい動きが俊敏だなぁと思って…」。
すると弦巻さんは「そう?そうそう??」と一気に気をよくする。

私はと言うと、作業中の制作さんに、セリフ覚えを手伝ってもらっている。

今回の舞台は、なんとなくもの哀しい。
母親に今回の役の話をすると、「人間は愛すべき哀しい生き物」という素敵な言葉をくれた。
まさに今回のお芝居は「愛すべき哀しい生き物達が生きていく」お話。
人生の先輩の言葉は、やはり違いますな。

ちょっと大人向けの話。
でも、決して難しいお話じゃありません。
弦巻節(ばかばかしい感じ(←褒めてる))も、丁寧に丹念に練り込まれております。
本人曰く、今回はちょっと分割ぎみで織り込んだらしい、です。
さて、どんなものなのかは、お楽しみに♪
12月5~9日までと、割と長めな公演なので、ご自分の目と耳と体でぜひご体感ください☆


さて、稽古の帰り道での、ひとコマをパシャリしましたよ。
けこかえり2

あ、私は知北でした☆
では、またごきげんよう!

 | HOME | 

Calendar

« | 2008-12 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。