楽団日記

札幌で活動する芝居のエンターテイメント集団、                                  弦巻楽団の弦巻楽団による皆様のための日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ome

さて、ベアドゥちゃんのお嫁入りの支度が整いました☆
かわいがってもらってね☆☆
まもなく到着する予定デス!
お菓子付です。
チキタのお手紙付デス☆


さてさて、チキタは先日、食あたりを起こし、大変な目にあいました。
超つらかった!食品てこわいね…

そして!
チキタ、また髪をきりましたー☆
今回のテーマはもんちっちの女の子デス!
カラーリングも久しぶりにしました。
カットは男性カットです。
男性を切るようにカットしてくださいってお願いしました。
今はやりの束間を少々出してもらいました。

かっこよくなっちゃった??

いやいやもんちっちですから…

濡れて前髪があがってるとアメリカの男の子です!

わ、わかりづらいかもしれないけど、前髪こだわったんですヨ


左のおでこから右に流れるライン。
カーテンのようにしてもらいました。
こう、普通のカーテンとレースのカーテンみたいに。

左のおでこのはえぎわの内側の髪の毛が2トーンくらい明るいんです。
全体的もグラデーションしてもらって、頭のてっぺんにいくほど暗いんです。

わ、わかんないんだけどね、あんまり見た目…


でも、髪の毛かわって元気になりましたよ!
食あたりはその日の夜だけど。。

みなさま、お風邪、ひいてませんか??
暖かいようなでもまだ肌寒い今日この頃です。
どうか、お体には気をつけて毎日をお過ごしくださいね。

チキタ独断企画「HPでなんかしよう(仮)」も、これからまたやりますので、お楽しみに☆



スポンサーサイト

公演徒然回想記5

まだ続く・・・
公演が終わってそろそろ一ヶ月たってしまいますが、気にせず続いてゆきます。
雪の札幌に帰ってきた「エブリシング」一行、
果たして荷物はちゃんと届くのか?!
札幌の幕は無事開くのか!?

27日
劇場入り。
照明さんから仕込み開始。
劇場の形が変わってくると見え方が全然違う。役者の演技の導線、向きも変わってくる。
・・・ここから再びメモが減少。
札幌に帰ってきて自分の仕事がまた増えたためだ。
何故か?役者が何人かこの日から仕事をしてから劇場に来る、という体制になったからだ。
当たり前の話、2週間仕事の休みをとる、というのはかなり無茶な話である。
さすがに東京は皆休みを貰って行って来たが、札幌まではなかなか厳しい。
(中には丸々休んでくれた人もいた)
みんな無理をして、楽団に参加してくれてるのだ。ありがたや。
なもんで、弦巻も落ち着かなくこまこま働く。

東京生活で全員で飯を食う合宿癖が少なからずついた。
終演まで、札幌でも休憩時には、(ほぼ)全員でロビーに繰り出し飯を食っていた。
お菓子も常に誰か彼かが提供し、甘いものには一度も不自由しなかった。
楽太郎、藤谷真由美合流。
東京のお2人とは全然違うキテレツなキャスターに「これもまた良し」と弦巻は満足。

28日、ゲネプロ。
やはり26日の移動は体に深くダメージを与えていた。
この日になってどっと疲れがくる。役者も同様。
東京での劇場生活がいかに恵まれたものだったか今更痛感。

29日、初日。
差し入れに水が一ケース仙台からとどく。
差出人の名が無く、セイサクが「誰からだろう?」と首を傾げてる。
他にも続々差し入れを頂く。ありがたや。
東京での反省を踏まえ、
札幌では「頂いた差し入れは(特に食べ物【中でも生もの】は)どんどん食べてしまおう」
という方針で行く。残すなんてもってのほかである。皆でありがたく頂く。
筑波のシブから花も届く。嬉しい。受付が華やかになる。

翌日、水は親泊さん、大橋さんからだと判明!!皆感激。
安心してがぶ飲み!!

食事に劇場の隣にある量り売りの総菜屋でご飯を買う。
なかなか美味しいじゃないか。
節約のつもりで行ったのに毎回結構買ってしまった。ただでさえエンゲル係数高いのに!

土曜日の昼公演で今回のツアーをやっと折り返した事に気付く。
ここからが正念場だ。後6ステージ。

次回、最終回に続く!!
※ふさわしい写真が無かったので
今回はこの時劇場からの帰り道、ハルナさんに撮ってもらった僕の画像を。夢の共演

公演徒然回想記4

前回よりまだ続く・・・
渋谷で迷子になった弦巻、無事劇場に帰りつけるのか?!
辿り着けなくても今更本番に支障は無いが示しがつかないぞ!どうする?!


まあ天気も良いので焦らず歩く。いざとなったらタクシーに乗ればよいのさ。
さすがに「新宿」行きの看板が目に付き出して少し不安になる。
なにやら大きな通りがぶつかる交差点(5叉路位あったかな)で、大きな円形歩道橋
(菊水の所にあるみたいな)に登って周囲を見渡す。
もちろん、どっちがどっちか分からない。
楽器を持ってる学生風の人に道を尋ねる。(駒場ってどっちですか?)
・・・行こうとしてたとこと全然違う。あぶね~。
その後、ガソリンスタンドの従業員にも訊いてなんとか間に合いました。

東京千秋楽。
皆もリフレッシュ出来たのかチームワークの良い出来。
終演と同時に速攻でバラシ。劇場の大きい音が出せる時間にリミットがあるため猛烈に急ぐ。
明日の朝には約一週間お世話になった劇場を後にするのだ。搬出を考えて細かく
荷造りしていく。
夜、打ち上げ。劇場の5階(僕らが泊まっていた場所)でやらせていただく。
当然、翌朝みな起きれない。
弦巻も5時前に寝て7時には起きる。まあ今日は飛行機の中で寝れるし(←大間違い)。
9時には次の劇団さんがやってくるのだ。皆を起こして、昨夜の宴の後片付けをして、
梱包してなかった荷物をまとめていく。
劇場さんに挨拶をして、立つ鳥、後を濁さぬように退出。
ありがとう、こまばアゴラ劇場。
ありがとう、太田屋のお弁当。
ありがとう、隣のコンビニの早番のおばちゃん。面倒くさくても領収書には弦巻って書いてくれ。
そして、手伝ってくれたみんな、来てくれた皆様、親泊さん、大橋さん、
本当にありがとう。
ありがとう


そして帰札。
2月26日は奇跡的に穏やかな天候で、順調にフライト。
(25日でも27日でも大きく遅れるか欠航だった!)
ただ、猛烈に揺れる。
人生で初めてって位揺れる。離陸の時点でまっすぐ滑走してなかったもの!
もちろん全ッ然寝れない。後ろの温水さんも目がこわばっている。
隣のハルナが気持ち悪くなって吐きそうになってる。
後はみんな、み・ん・な寝てる。
梅津君なんか添乗員に対する営業妨害か、てくらい通路に頭を突き出して寝てる。
シンジラレナイ。羨ましい。
着陸も激しく揺れる。
地上に着いてやっと天候の荒れ具合を認識。そう、今は2月なのだ!!
まだまだ冬将軍の季節ですよ。東京のうららかな陽気にフ抜けてた自分を切り替えなきゃ。
この日は純粋に移動のみで自宅に直行。
予想はしていたのだが窓が埋まっている。ほぼ完全に。がっくり。
明日からはまた札幌公演の仕込だ!でもとりあえず寝る事にしよう。
どうせ窓も埋まってる事だし。
・・・まだ続く!!
最上階なのにベランダに屋根が無い!

みんな2


チキタです。

何がって?

ついにアレが行われたのです!!

3_20080324115302.jpg

会場には、弦巻、知北、セイサクさん

それと音響でお世話になった大江さん
(札幌ではずっと大江さんと共にいたベアドゥちゃん)

それと?

近所で飲み会があったと思われるyhsの小林エレキさん

弦巻楽団では関わりない??

いいえ。

幻の公演があったのです。

2006年8月   番外公演  「約束の空」

キャストは温水さん、夏紀ちゃん、エレキさん、知北
音響に花ちゃん
作とサポート弦巻さん

死にたいヤツらの前に仲良くなろう公演でした。

彼は、その時に共演したりっぱな弦巻ファミリー(勝手に)だったのです。

さて、話は元に戻して、

抽選!

知北、弦巻、セイサク一人一人が応募者の名前が書かれた紙を一枚づつ持ち、
親指立てるゲームで勝った人が勝ち☆

まずは順番を決めようと、じゃんけんぽん

3回やっても4回やっても決まらない

…仲の良いこった


やっとこさセイサクさんの勝利

さて勝負!!

と、思ったら、あっさりこの方の勝利
弦巻さん当選者ゲット2

↑おでこに張り付いているのは当選者デス

当選者は…
mikaさんデス!!
(個人情報の為伏せさせていただきました)

オメデトウゴザイマース

まもなく発送いたしますので、楽しみにしていてくださいネ☆


お手伝い先でも弦巻楽団

セイサクでございます

女っぷりが上がったらしいですねワタシ
ホントー?
と 先日お会いした音響の大江さんに聞いたら
ちょうど楽団日記を読んだらしく
「そうらしいねー!」と言われました

やっぱ 上がってないってこと?

さて
チキタさんもお書きのとおり
木曜から千年王國さんの受付手伝いをしております
場所は近年お世話になることの多かったコンカリーニョ
弦巻さん関係でつながりが出来てから
結構な頻度で受付を手伝わせていただいてます
自動ドアが開くと寒ーい受付ロビー
まだまだ冷たい風と戦いつつも
今回の私の担当はチケットの受け渡し

ふと予約リストに目をやると
チキタさんの名前発見
お 今日やってくるのだね と待っていたら
いらっしゃいましたチキタさん
「こちらチケットになりますー」と
現金と引き換える時に目線を上げると
私を無言でジーッと見つめるチキタさん

恐いよ…

そして今日の夜公演が終った後
千年さんのスタッフに言われた言葉
「今日の昼 弦巻くん観に来たけど 何か言ってた?」

いや
私が受付に入ったの夜だし
昼に観に来た弦巻さんと特別連絡とるわけもなく
「いやー… なんにも言われてないッス…」
としか答えられず
や 仲悪いわけじゃないんですけどね

今回再演となる「花」という作品は
初演の時には弦巻さんも出演してたそうで
どんな感じだったんでしょうねぇ
ご覧になった方いらっしゃいますか?
当時は弦巻さんも20代前半ですもんね
どんなだったんでしょうね

不思議なとこでも楽団は繋がっております

さあ 抽選会はいつ開催しよう
早くしないと忘れられちゃうわ
プレゼントすること(泣)
もうしばしお待ちを!

春になってきましたねー
素足に靴下でも寒くナイ!

さてさて、先日セイサクさんに土曜夜暇かとメールをしたところ、
千年王国さんの受付をする予定だと返答があり、

じゃあセイサクさんに会いに行ってみるかと、昨日コンカリに行ってきました。

いやいや、知り合いが出てたんです。
いつも楽団のお手伝いをしてくれるRIPの川瀬さん。
彼女が奮闘中のお芝居です。
とてもキュートでした☆

明日は、やまびこ座に行く予定。
子どもの劇は個人的にやりたい分野なので、今から楽しみ。
お母さんから「この子、あなたみたいになりたいんですって」って言われた日にゃ、
天にも昇る気分になります。

そうそう、話は変わって。

ベアの件です。

私はこっそり抽選を行う予定でいたのですが、
代表が大々的にやろうぜ!と話してるらしく、
もう少し時間かかりそうです。

今暫くお待ちください!

デハ
知北デシタ☆

公演徒然回想記3

前回より続き・・・
そして知北さんの記事からも繋がって、夢と言えば弦巻は想像力の働いてない
夢をよく見ます。全然ファンタジックじゃありません。
ひどい時はその日体験した事を繰り返したり・・・。
でもたまに、ごくたまに怖い夢も見ます。
むちゃんこ怖いです。
ガラスの破片が顔中に刺さってる夢だとか。
一番最近の怖い夢は窓から入ってきた不審者と家にある調理器具で戦う夢でした(負けた)。
もっとハッピーでファンタジックな夢が見たいなあ。

・・・で、初日。本番。
いきなり大入り。セイサクや受け付けスタッフ一同忙しく動き回る。
今回一番の計算外。ありがたやありがたや。
しかし初日は道新の記事にもあったように苦しい出来。反省。
ただお客さんの笑いへの反応はめちゃめちゃいい。
凄い笑ってもらえる。正直、びっくり。(悲観的なんだ。)

ここからメモが激減する。まあそんな余裕が無くなったのだ。

終演後、初日乾杯をする。
頂いた差し入れを皆でおいしくたいらげる。ハルナが幸せそうに食べてる。
数年前の今よりぐっとボリュームのあったハルナ嬢が頭をよぎる。

本番が終わり劇場を出る度に楽屋の生ごみをキチッキチッとまとめる。
かなり厳密に。
だってゴキブリやねずみが出るって言うんですもの!!
そりゃ北海道じゃないからね~。当然です。
絶対に見たくないので相当気をつける。皆にも口うるさく言う。

5階に帰ってから呑み直す男子メンバー。
弦巻は早々に寝ようとする。と、参加してないのがもう一人。
立川がぐったりしてる。どうやら初日居酒屋で食べた何かが肌に合わなかったらしい。
とにかく、初日が終わった。
ここから後11ステージの長丁場なのだ、今回は。気合が入る。

2日目。
マチネ、ソワレ。
初の東京公演ということでたくさんの親戚や旧友が来てくれて驚く。
幼稚園の同級生まで!!
高校時代の演劇仲間も多数見に来てくれる。みんな老けた。もう30代だもんな。
感謝。
夜、渋谷に繰り出し(知北の記事で先述のです。)ゲストの親泊さん大橋さんと食事。
やっと最終日の前日にして交流会的なことができる。
お二人に選んでいただいた高級な雰囲気の店で乾杯。(毎日呑んでる・・・)
料理めちゃ美味い。季節のものがふんだんに振舞われる。
さすがに揚げ物の弁当にも飽きてきて違うテイストを皆も求めてた。
余談だがお店の入り口に某スタッフさんそっくりの人形が!!
あれ?!


閑話休題
千秋楽を控えてるので宴もそこそこに解散。
気分が良いので弦巻・優君(東京住んでたんだから!)・相馬(新宿鮫って言われてたんだから!)・
ハルナ(あたし109と写真撮りたいです!)・花ちゃん(じゃあ私も撮ろー!)
で渋谷から歩いて帰る事にする。
意外に近い。そしてなんと言っても暖かい。
2月ですよ2月。

味をしめた弦巻は翌日、自由時間に一人で渋谷まで来て、歩いて帰ってみる。
迷った。
2回道を聞いて駒場にギリギリでつく。
(まだ続く!)

弦巻さんと稽古場へ行く途中の出来事。

なぜか二人で

弦巻さん「救急箱が必要だよね」
知北「気がついてよかったー」

などと話し、焦りながら救急箱を購入。

稽古場に着くと、セイサクさんが現れて

「稽古場にないと思って救急箱家から持ってきたよー」

弦巻・知北「?!」
弦巻さん「さすがセイサクさん!!」
知北「準備がイイ!!!」

とセイサクさんを尊敬する…

夢を見ました。

そんな知北デス。

なんでこんな夢?

きっとそれは、最近のセイサクさんが女っぷりをあげたからだろうか。
すっごくキレイになった気がするんです。
公演中、あーキレイだなぁってこっそり魅入ってました☆
知り合いも言ってた。
受付で一瞬キレイになっててわかんなかったって!

私なんか適当に買ったファンデーションの色が濃すぎて「最近焼けた?」と聞かれるばかり。

こんな冬に焼けねぇよ…

買いなおしましたよ。ファンデーション。

さてさて、ご報告☆

前回の知北の日記での続きを少々。

知北の日記を見たセイサクさんから連絡が来て、最終メンバーは弦巻さん、セイサクさん、お友達、知北の4人で観に行きました。

会場では弦巻さんひとりにならず!

(ちっ!)

知北のお友達はCD買って全員のサインもらってました。
とてもお腹いっぱいになって帰りました☆

あ、引越しも無事終了しました。
今片付けに精を出しているところデス。
新居はとても居心地が良いです。

ではまた。
お元気デ!




#6の打ち上げの模様!

セイサクでございます

公演が終了して日常に戻り
楽団関係の後処理や
サボってきた本業の仕事に追われる日々
気付いたらこんなに日数経ってた!
お久しぶりでございます

さて
代表も知北さんもなぜか書かないので(笑)
打上の模様をおおくりしましょう

場所は札幌・大通付近
まだ雪も多い3月初旬のとある日曜の夜
今回の会場はセイサクが勝手に選択しまして
徳川典元が行きそうな料亭を体験しよう!というテーマで
一品ずつ料理が出てくる和食のお店

席は掘りごたつで肘掛け付きの座椅子
出てくる料理は
菜の花のゼリー寄せや ウドを使った春の料理
鯛の塩釜焼きや 土鍋で炊き上げられた鯛飯!
まぁ なんと豪華でしょう

集まったメンバーは札幌の役者全員と
テクニカルスタッフさんたちなど
年明けから今回の公演を共に作り上げた人達
来られないと言っていた人も「来れたー」と言って
次々訪れて幹事のセイサクはアワアワ(料理足りないよ…)
みんなお上品に料理とお酒を嗜んで…

な訳がない

出てくる料理に「おお~」「すげー!」「うめー!」と
大声を発して半個室で大盛り上がり
テーブルは3つに分かれてたのですが
途中入り乱れては 各テーブルごとに話題がいろいろ違ってたりして

#6大人チーム

こちらはアダルトチーム
小野くん・知北さん・音響の大江さんです
恋に迷う若者に 大人な意見でアドバイスしてました
「眠れない夜とかあるよねー!」「あるあるー!」とかなんとか
いろんな経験があるようですよ 大人の事情で言えませんが
かんぱーい

そして終盤
「さあ 2月3月に誕生日だった人 中央テーブルに集まれぇーい」
そう 今回の公演終了までに誕生日を向かえた人が
スタッフさんも含めて5名もいたのです
今回もまたお菓子作りが得意な谷藤さんが
いつにも増して豪華なケーキを作ってきてくれました

今回のケーキ!

わぁーおぅ!
クッキーには主役の名前がズラリ

おめっとさんみなさん

みんなでお祝いの歌を歌って
ロウソクがわりのライターの火を
主役達は一斉に吹き消したのでした
みんな誕生日おめでとう
ケーキはとってもおいしく 感動しながら食しました

そしてこのあとは
みんなでカラオケで大合唱大会だったのでした
東京のみなさんも一緒に盛り上がりたかったなぁ


あ 盛り上がりすぎてベアドゥ抽選会するの忘れました
また後日!抽選会を行います ねぇ知北さん!
ご希望の方スミマセン
もうしばしお待ちを m(_ _)m

公演徒然回想記 2

前回より続き
無事東京に着いた楽団#6一行、果たして公演は順調に行くのか!?

さて今回お世話になった宿泊所は劇場の5階、日中は稽古場となるスペース。
ここに男子8人(翌日から9人)が泊まる。
女子は少し離れた別スタジオ。
なんか運動部の合宿のような雰囲気。弦巻はそういった経験が無いので嬉しい。
31にして青春を取り返す。
・・・でも弦巻は早く寝てしまう。修学旅行なんかもそうだった。子供体質。
東京在住経験有りの猛者、
優君はここぞと現地の知人に会いに再び外出(朝までには帰るって!!)。
あれ?それは別の日のことだったっけ?

翌日朝、起きてシャワーを浴びる。
この宿泊スペースはシャワーとトイレが一緒なので、
誰かがシャワーを浴びてる間はトイレが使用できない。逆もしかり。
九時より小屋入り、仕込み。
午後、知北・小林・梅津が到着。梅津君がいると高い所のものを取るのに便利。
小林花ちゃんが来てくれてだいぶ気が楽になる。
夕方まで仕込み、夜場当たり。
食事は近くの「揚げ物がお薦めです(アゴラ職員Sさん談)」店のお弁当にする。
好評。

ファンカスキャンパーズのお2人が夜から合流。みな緊張する。

二日目、2月22日。(2ばっかり!!)
確かこの日、立川がシャワーを浴びようと半裸になったところで皆トイレにラッシュ!
かわいそうに、立たされ坊主となる。
劇場では朝から昨日の続き。
昼、大橋さんが差し入れにとおにぎりを作ってきてくれる(!)。皆でむさぼるように頂く。
とにかく暖かい。
隙を見て、屋上で日向ぼっこ。
気持ち良く、なんとなく劇場の周りを写真に撮る。
抜けるような青空

夜、ゲネプロ。
劇場を出てそのまま2階 → 5階と移動。便利。

23日 初日。
午前中は昨日のゲネを踏まえて手直し。
合間に近くの古本屋に行く。
ヴォネガットの「タイタン」と「デッドアイ・ディック」をそれぞれ100円で購入。
なかなか札幌だと売ってないのよねー(もちろん中古での話)。
昼リハ前にセイサクが合流。お客さんをお迎えする手順確認、しゃきしゃきと進む。
昨日になって予約の数が急増。安心と不安がやってくる。
さあ本番だ。

こんばんは☆

弦巻さんの日記が続きモノになってて、続きが気になる知北デス。

明日はyhsさんのユニット?オレタチを観に行く予定です。

弦巻さんと待ち合わせて差し入れ選んで、お友達と観に行きます☆

アレ弦巻さんの行方は?!
明日乞うご期待☆

最近の知北は、こんなの撮ってます。
Care Bears
keabea.jpg


超可愛い☆
昨日のCare Bearsちゃんはこんなになっちゃいました!!
keabe2.jpg
なんか、この反抗的な目つきが妙にイイ☆

なんか、ぬいぐるみは興味なかったんだけれど、最近かわいくってツイ買ってしまいます。

さてベアドゥちゃんの抽選もまもなく行いますヨ☆
来週あたり、やりますかセイサクさま。。

何で来週かって言うと、知北は今引越し準備の真っ最中だからデス。
それまで皆様待っててくださいネ☆

一旦あたたかくなったと思ったら又寒くなってきました。
お風邪には十分お気をつけてお過ごしください。

きっと打ち上げの模様はセイサクさんが書いてくれるでしょう!

デハ。



公演徒然回想記

さてさて。
#6「エブリシング・マスト・ゴー」も終演してはや一週間がたちます。
先日、打ち上げが行われました。
久しぶりに全員と会うと、不思議な感慨が湧いてきました。
約2週間、寝食をともにしていると、離れてた数日がむしろ「異常」に感じられると言うか・・・。
またすぐ本番を始められそうな、そんな気配が残ってました。
打ち上げの詳細はきっと知北かセイサクがアップしてくれるでしょう・・・。

東京での日々や札幌でのハードな日々を今更回顧。

旅立つ前日の手帳を見ると、相当いっぱいいっぱいなのが伝わってきます。
二週間仕事もしないので、その引継ぎや準備、
東京で手伝ってくれる知り合いとの待ち合わせ、
小道具や衣装の手配に頭がグルグルしてます。
(おかげで行ってからはスムーズでだった。)

20日 新千歳空港でみんなと合流。
(知北、梅津、小林は翌日)
これから約一週間お世話になる劇場にお土産を買っていこうと空港内を物色。
「木彫りの熊なんかどうかな?鮭くわえた。」(弦巻)
「劇場にあげてどうすんのさ。」(温水)
と、そこで我々は信じられない木彫りの熊を発見!!
下克上

!!!
しゃしゃしゃ鮭が熊をくわえてるるる!

結局お土産はお菓子にしました。

初めて荷物検査に引っかからず搭乗できる。幸先良し。
羽田で温水さんが荷物の引き取りチケット捨てちゃう。(「まだ必要なの!?」)
弦巻、立川、佐藤、石川が京浜急行に乗り遅れはぐれる。
暖かい。

一先ず劇場さんに荷物預けて、夜まで各自時間をつぶす事に。
と言っても弦巻以外の全員は駒場の駅近くで呑んでいたようだ。
(ここでの食事が思わぬ結果を後々・・・)
弦巻は渋谷でファンカスキャンパーズのお二人と会う。どこがどこか分からないので
「めちゃめちゃわかりやすいところで待ち合わせしてもらえますか?」(弦巻)
「では109の下で」(親泊)

こここれが109かああ。
派手な女の子がたくさん。人多い!!

そしてお会いしたお2人は非常に熱心な、気さくな方で安心。
うまくいきそうな予感。
続く!!

べあ

公演無事に終了しました☆

ほっとしたせいか、チキタは風邪を引きました。
鼻風邪さんです。

楽団内では恋愛禁止ですと言うと、大抵の人は笑ってくれます。

今回の公演で楽団員二人はミクシィなるものをやっているのが判明。 しかし、関わることは一切ありません。淡白的楽団?
そして知北はまだミクシィのコミュニティに所属したことがありません。
なんと、今回久し振りの楽団参加の立川さんの応援コミュニティがあるらしく、そこに所属しようと密かにたくらんでおります。しかし、やり方がよくわからないで未だ未所属です。

さて、冗談はさておき。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
たくさんの人たちに支えられ、やっと終了することができました。

楽団はじめての東京公演。
東京でゲスト出演してくださったファンカスキャンパーズ009の親泊義朗さんと大橋美紀さん。
とっても素敵なお二人でした。

大橋さんは出会って二日目に大量のおにぎりを作ってくれました!
そして札幌公演時にはミネラルウォーターの差し入が!
お二人のあたたかさに励まされました☆

札幌に戻り、あたたかく迎えてくれたご来場の皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。
東京と札幌どちらも来てくださった方もいらっしゃいました。
東京のスタッフさんからお花が届きました。
皆様のあたたかいお言葉や励ましの言葉で元気を貰いました。
本当に本当にありがとうございました。

次にお会いできるのは8月!!
とっても楽しみですね。

さー次に向けてガンバルぞー☆

これからもがんばりますので、応援よろしくお願いします☆

※この写真は音響と照明卓の間から見守るベアドゥちゃんです。
(照明のそーまさんが大きな明かりを、音響のオオエさんがスポットライトを照らしてくれて撮影しました。)

終わった終わった

#6「エブリシング・マスト・ゴー」が終了しました。
全12ステージ、という未体験の公演でしたが、なんとか最後までやり切れました。
札幌はシアターzooという初めての劇場で、
入場時、ご案内、キャンセル待ちなど、お待たせして申し訳ありませんでした。
今回の反省を踏まえ、次回からの公演に活かしていきたいと思います。
よりスムーズなご案内が出来るように。
楽団は一つ一つ成長していきたいと思います。

たくさん、励まし、感想、ご意見のメールありがとうございます。
なんせ、小さな、ちいいさな集団なので及ばない所もあるかと思いますが、
弦巻は今の「大切な事」を出来るだけ守ってやっていきたいと思ってます。
それを失っては、表現する意味も、資格も失ってしまう気がするからです。僕自身の意欲も。
どうか、末永く楽団と付き合っていただけたら嬉しいです。
それでも、面白い「エンターテイメント」に向かって前進する気概は微塵も揺らいでません。

みんな、本当にお疲れ様。
東京公演ゲストの親泊さん、大橋さん本当にありがとう。凄く勉強になりました。
バッチリなキャスターでした。お水、本当にありがとうございました!(お2人からでしたか!)
是非またコラボしましょう。
アキナ、ヒナコ、そしてシブ、忙しい中急なお願いに駆けつけてくれて感謝。
シブ、お花ありがとう、札幌の受付に飾らせていただきました。
札幌ではいっぱいいっぱいななか、受け付け、案内を手伝ってくれた
ノリコ、山本さん、村山さん、小森さん、どうもありがとう。
あ、忘れちゃいけない(絶対読んでる!)、ツカもありがとう。
役者にはっぱをかける君の姿に弦巻は頼もしささえ感じてました。

他にも仕込みやバラシに来てくださったみなさん、ありがとう。
今回のツアーを企画し、後押ししてくださった皆さんにも深い感謝を。

さあ、打ち上げでは美味い酒を飲もう。
弦巻はもちろんジンジャーエールで。

おっと、私信なのに長くなってしまった。
ちょっとだけ東京での東京らしいエピソードを。
渋谷でTRFを見ました。全員。撮影してました。
・・・それだけなんですけどね。

弦巻楽団#6全日程終了!

セイサクでございます

東京公演の二人

昨日3月5日(水)
弦巻楽団#6「エブリシング・マスト・ゴー」
東京・札幌あわせて12ステージの
全ての日程が終了いたしました
ご来場いただきましたみなさま
本当にありがとうございました

昨日はご予約にて満席になり
キャンセル待ちまで出ておりました
お待たせしましたみなさま申し訳ございません

楽日終演後のロビー

公演終了後 お客様をお送りした後は
役者も参加しての舞台装置解体
全てが終ったのは23時になりました
終了後の受付ロビーでのみなさんです
長い公演日程が大きな事故も無く終了し
みなさん安堵の表情を浮かべておりました
というか 結構みんな元気でした

楽太郎と花絵

こちらは
ニュースキャスターが好評だった楽太郎くんと
自分が出演した公演後すぐに
楽団の東京担当制作・札幌舞台監督と
大忙しだった小林花絵さんです
今回も時間がない中
本当にみなさまがんばって下さいました
ありがと

あのくまは

今回のツアーに同行して和ませてくれたベアドゥ
アンケートにて何名かの方がプレゼントを希望してくださいました
ご希望の方には厳選なる抽選のあとに
送付させていただきますね
もう少し お楽しみにお待ち下さいませ

このあとはスタッフも含めほぼ全員で
夜の街へと消えていったのでした
本当にみなさんお疲れ様!
そして
この公演を支えてくださった皆様に感謝いたします
本当にありがとうございました

弦巻楽団は この夏に行われる次回公演
#7「ローリング・サンダー」(すごいタイトルだ)に向けて
また準備を進めてまいります
次に皆様にお会いできるのは
今年8月14・15日のお盆真っ最中
教文演劇フェスティバルに参加です
次回はまた 楽団初登場の役者を迎えて
新しい音楽を奏でる予定です
それまでまた少しの間
この日記はゆるりゆるりと進めていきますね
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

弦巻楽団最終日チケット情報

セイサクでございます

只今会場からおおくりしております

代表の日記に記入していた当日券の件ですが
本日の公演のチケットは
ご予約分のみで完売とさせていただきました
誠に申し訳ございません

予約分にてキャンセルが発生した場合のみ
当日券を販売させていただくこととなりました
本日18:30より受付にて整理券をお配りいたしますが
19:25分現在の状況により
ご入場頂けない可能性もございますので
あらかじめご了承くださいますよう
よろしくお願い致します

今日は千秋楽です。

本番前に自宅から日記更新。

昨日の本番終了後、近くにいたヤスに

「あれ??これ昼公演だっけ???」と聞いてしまった知北です。
長い公演ゆえ、時間の感覚が麻痺してきました。

でも、今日で最後。
泣いても笑っても最後デス!

開場後、毎回今日もがんばりましょうと役者さん一人ひとりに挨拶してまわるのが知北流。
普段は人との距離を超保つ知北も本番前は別!
男も女も関係なしにこの時ばかりは抱擁して気合を入れます。

知北は客席から見て左側の袖で待機しているのですが、
裏道から右側で待機している人たちの元へ。。。

ドアを開けると皆本番に向けて準備をしています。

「挨拶にキタヨー☆かまってかまって!!」

と言うと、一番近くのヤスが椅子から立ち上がり快く向かい入れてくれます。

次に夏紀ちゃんと春陽菜ちゃん。

お次はだーれ。。。

お、小野さんと藤谷さんが抱擁準備!

どっちが先だ!こっちか、そっちか!!と一緒にかまってくれます。
何て優しいお二人なんだ!

最後に立川さん。
ヤツはマイペースに知北を待たせます☆

今日もよろしくーではー☆と楽屋を去り、自分の待機場所へ。

いつも私の右に座っている楽太郎さん。昨日に限って左にいた!

「お願いがありまーす。いつもどおり右側に座ってくださーい」とわがままを言う。

そしたら温水さんが、わざわざ知北の左側に座ってきた!!

なごむ袖中☆

そして貫禄たっぷりのあいちちゃんと梅津さんとも挨拶して、さて本番!


今日もがんばります☆
ぜひいらして下さい。

ではでは会場でお待ちしております☆

P.S.
あ!アンケートでちきたの髪型に触れてくれた方!
ありがとうございます☆
にひひひひひと、笑いましたヨ☆

くまの事にも触れてくれたり、何かこの日記とアンケートと交換日記してるみたいで嬉しいデス☆

※くま欲しいと書いてくれた方の個人情報は目的以外では使用いたしませんのでご安心ください。

エブリシング・マスト・ゴー

いよいよ最終日になりました。
弦巻楽団#6「エブリシング・マスト・ゴー」!!
お客様も増え・・・と書きましたが今日(4日)は遂にほぼ満席となり、
参加者一同感激しております。
明日、5日はいよいよ最終日、混雑が予想されます。
ご予約はお早めに!
当日券も発売する予定です!(数に限りがあります。)
楽団携帯が繋がらなくても、諦めずに劇場にお問い合わせください。(011-551-0909)

エブリシング・マスト・ゴー
と、言うフレーズを初めて聞いたのは11年前です。
マニック・ストリート・プリーチャーズと言うイギリスのバンドの4枚目のアルバム・タイトルでした。
この作品は大ヒットし、彼らはイギリスを代表するバンドになりました。
今回の芝居と直接の繋がりはありません、むしろ他からインスピレーションは貰ったので。
でも、ここに来て思い出すのです。
この作品の曲を。
当時の彼らを。

彼らは当時一番嫌われてるバンドでした。
デビューが派手だった分、「一発屋」に見られ、しかも大口をたたく割に解散宣言を撤回したりで、
ただの目立ちたがりやと受け取られていました。
そして、ある日不幸な事件が起こります。
主に作詞を担当し、バンドの精神的中核を担っていたメンバーが失踪したのです。
彼の靴だけが岬で発見されました。
そしてそれは11年経った今も、解決していません。
消えてしまった人間は、不在のままです。

残されたメンバーは続けました。
エブリシング・マスト・ゴー、と。
そして、彼らが目指した全英No1をそのアルバムは記録します。

奇跡のストーリー?
そんな理想的な話じゃありません。運命の皮肉?
いえいえ、わざわざそんなこと書きたかった訳じゃありません。

解決しない問題なんて無いと思ってました。
いや、理屈では全ての問題には回答が必ずある、と言うのも分かってます。
禅問答みたいだなあ。

彼らはなぜ続けられたのか?ビッグになりたかった?友との約束?
きっと、「音楽をやるしかなかった」からじゃないのかと思うのです。
それでしか、まともでいられなかったんじゃないかと。

でもその音楽は、ヒリヒリしているけれど、とても優しい。

なんか暗めな話ばかり書いてるなあ。
芝居はまた全然別物です。
幾分渋めだけど、コメディですからね!!あくまでも、ポップに!!

最後まで、走り抜けます。
今年のテーマは「攻め」ですもの!
さあ、決戦だ。金曜日じゃなく水曜日だけどね!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

セイサクより補足!

当日券は若干ご用意できるかもしれませんが
ご入場を少しお待ちいただくかもしれません
ご了承くださいませm(_ _)m1

楽団携帯は本日は15時までお受けできると思います
(softbankの方はメールもお受けできます)
それ以降はシアターZOOまでお願いいたします

公演は続く

昨日はひな祭り、と言う事で皆でひなあられを食べました。
ぼりぼり。
あっという間に3月です。
年が明けたら#6体制にならねばと思ってたのがついこの間のような・・・。
光陰矢のごとし。ボヤっとしてられません。

エブリシング・マスト・ゴーも、いよいよラスト2ステージとなりました。
嬉しい事に、来てくださるお客様の数も増えていってます。
結構ギリギリの座席数なので、お早目のご予約を!
突然時間が出来ても、諦めないで下さい、当日券もご用意しております。
(数に限りがありますが・・・)
ぜひぜひお越しください!!

一昨日はチラシに出演してくださった城島イケルさんがご来場。
売れっ子初老俳優の城島さんは僕に人生を教えてくれた方です。
その割に(弦巻の城島さんに対する)扱いがひどいと言う噂もありますが、
弦巻にとって大きな恩人です。
今回も「チラシだけで、」と言うお願いにノリノリで
衣装も多数用意して臨んでくれました。
撮影の設定として、一生懸命「謝罪」してくれる城島さんを見てると、
哀れで「泣ける」をとうり越して「笑えて」来るから不思議でした。
これも城島さんの人徳でしょう。

エブリシング・マスト・ゴー
時は流れます。
いいことも悪いことも飲み込んで、変わっていきます。
捨てたものも、守ってきたものも、
ある日突然変化していきます。

変わらないものは無いんでしょうか?
でも変わらない事は良いことなのでしょうか?

確実に変わらないと断言できるものがあります。
岡村靖幸の音楽の価値です。
「寂しくて悲しくてつらいことばかりならば あきらめてかまわない
大事なことはそんなんじゃない」
例え何が起こっても。

エブリシング・マスト・ゴー
公演は続きます。
楽団初の演奏旅行は明日まで!
決戦は金曜日だけど、
千秋楽は水曜日!!

折り返しました

知北さんの賑やかな記事や、
セイサクの簡潔かつ軽妙な記事の中で
いささか硬さ、回りくどさが拭いきれませんが、
弦巻の記事もよければ目を通して欲しいなあ。
ふう、楽団#6も全12ステージの内9ステージを終えました。
一つ一つが(当たり前ですが)全て違う作品です。
不思議なものです。
いよいよ札幌公演も折り返し、ラスト3ステージとなりました。
ご予約はお早めに!!
まだ間に合います!!
あ、でも劇場に問い合わせていただくのがベストかも・・・
その場合はセイサクの記事を参照してください。

東京公演の間の生活が習慣づいてしまい、
皆で札幌の劇場でもご飯やらお菓子を食べてばかりいます。
役者の小野君は東京の生活で少し太ったそうです。
他にも何人か・・・(女性なので名は秘す)。
頂いた差し入れもみんなでおいしく頂いてます。
わいわい。

その分自分の「生活」が全然出来ていません。
今日ついにパンツが無くなり、慌てて洗濯をしました。
2回も。
ノーパンはさすがに嫌です。
見られたら大変ですもの。
見せないですけどね。

セイサクの記事でもお解りの通り、弦巻は髪が伸びてます。
早く切りてえ。
知北にバリカンを借りました。
最大でも25ミリしか残せません。
公演期間中に使っちゃおうかな・・・。
今、気分が「坊主」なのです。

そんな弦巻のヘア・スタイルをチェックも出来ちゃう今公演。
是非劇場でご確認を!
決戦は金曜日だけど
最終日は水曜日!!

東京・札幌の舞台装置の違い

セイサクでございます

ご連絡遅れましたが
2月27日の北海道新聞さんの夕刊に
東京公演の模様を掲載していただきました
みなさまご覧になったでしょうか
今回のストーリーでも
わりと冒頭シーンの写真が掲載されています

札幌公演は本日もなんとか5ステージ目まで終了し
残すところ3ステージとなりました
皆様にもお楽しみいただけているようで
只今セイサクは今回販売している公演台本を増刷中です

今回の公演は東京と札幌
実は舞台装置が微妙に違っております
会場の広さやらなんやらの関係なのですが

こちらが東京・こまばアゴラ劇場の舞台装置

エブリシングアゴラバージョン

そしてこちらが札幌・扇谷記念スタジオシアターZOOの舞台装置

エブリシングZOOバージョン

こちらは役者たちがウォーミングアップ中ですの
カメラに気付いた石川さんがバーンと広がってます

さあ 間違いをさがせッ

わかりますでしょうか?
アゴラ劇場はシアターZOOより横幅が広いので
向かって右側にふすまのようなもので部屋が作ってあります
シアターZOOでは舞台右奥に出入り口があるので
その部屋が奥にあることになっています
そしてソファの近くにランプがあったりなかったり
背後にあるパネルの組み方も若干違いますね

今回は東京から札幌まで
舞台装置を運ばなければなりませんでした
しかも会場の広さがいろいろ違う
そこで 今回の装置を作った
舞台監督でもある岩ヲさんが
いろいろと考えて作ってくださいました
なかなか素敵な仕上がりです!

この部屋の中で
いろんな思惑が交錯するんですねぇー


弦巻楽団#6「エブリシング・マスト・ゴー」
この舞台もゼヒ生でご覧いただきたいポイントの一つです
残りあと3ステージ!
当日券も若干ご用意できるかと思いますが
出来るだけご予約頂いた方がよろしいかと思います
ご予約は公演当日17時頃まで対応できます
ご予約・お問い合わせは
弦巻楽団メールアドレスtsurumakigakudan@yahoo.co.jpか
会場となるシアターZOO TEL:011-551-0909まで
見逃せませんよぉー!

***************************

楽団へのお電話が繋がりにくくなっており
大変ご迷惑をおかけしております
申し訳ございません
繋がらない場合はお手数をおかけしますが
会場となるシアターZOO TEL:011-551-0909までお願いいたします

ちよちよ誕生日

セイサクでございます

チキタさんに先を越されました
なんだか舞台上で盛り上がってるとおもったら
ちよちよレッスンしてたのねー

さて私からは受付サイドの模様をお伝えしましょう

インチキ臭いフォークデュオ

チキタさんもお伝えの通り
本日は一日限りで塚本くんが受付に来てくれました
#5スタークロスドでは メイド喫茶に通う黒河内教頭でした
現在の弦巻さんと並んでみると
なんともインチキ臭い!

そして

お水ありがとう

差し入れもいろいろと頂きまして ありがとうございます
昨日届いたお水セットは差出人が分からず
「いったい誰がくれたんだろう???」と皆も分からず
本日問い合わせてみたら
東京公演ゲストの大橋さんからでした!
それを聞いた途端 皆「わーい!」と喜び
弦巻代表は思わずナマハゲになってしまいました

本日3月1日は
#5「スタークロスド」では男子小学生の主役を演じ
今回は50代と思われる婦人役を演じて好評の
石川藍さんの20歳の誕生日でした

あいちーおめでと

今回の札幌ゲストの藤谷さんから
可愛いソックスを貰って大喜びなところです
他にもお客様からお花をもらったりで
舞台で大変ながらも嬉しい一日になったようですよ
成人おめでとう!


弦巻楽団#6「エブリシング・マスト・ゴー」
いろんな人に支えられ
いろんな人によって作られています
ご来場いただける方々にも感謝感謝な日々です
各回 当日券もご用意しておりますので
是非お越しくださいませ!

***************************

楽団へのお電話が繋がりにくくなっており
大変ご迷惑をおかけしております
申し訳ございません
繋がらない場合はお手数をおかけしますが
会場となるシアターZOO TEL:011-551-0909までお願いいたします

札幌公演2日目終了しました。
今日は早めの帰宅でうれしい知北です。

悪天候の中お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

アンケート、ちゃんと読んでます☆
クマちゃん。。。
当たると良いですね☆☆
札幌会場では音響さんの机の上で舞台を見守ってくれてマス。
昨日は立川さんがくまちゃんで遊んでいたよ。


さてさて、本日はお手伝いに、スタークロスドで教頭先生役だった塚本くんが来てくれました。

つかー!つかー!!

ってみんなで呼んで、スタークロスドのなつかしの名シーンをやりました。
ダンスの手前のところ。転校生のミナとマモルとの出会いのシーン。

そして、今回のお芝居の確認をしているところでまたももや、

つかー!
つかー!!
と呼ぶ声が。

ツカが舞台上に上がると…
tukaressunn1.jpg


なにやらはじまった

tukaressunn2.jpg


わーすごい臨場感の写真が撮れた!!!

tukaressunn3.jpg


かなりかなり面白かったです。

そしてツカからいっぱいパワーをもらいました☆

さまざまな人からもらった差し入れも、みんなでわいわい頂いております。
ありがとうございます。

明日も昼と夜に公演があります。
まだまだまだまだ続きます。

毎回毎回いろんな色が飛び出す舞台。
予期せぬ出来事で、ミラクルが起こったり、生の舞台って面白いし、こわいなーと思いながら舞台にのぞんでいます。
観ている人も演者もみんなで一体になって過ごす一時間半。

ぜひぜひお気軽にお越しください。
お待ちしております☆

札幌公演!!

今日から札幌公演がスタートしました。
来週の水曜まで8ステージ!!
(既に初回が済んでるので後7ステージ)
長めの公演ですが、いつもより客席数が少ないので、
迷ってる人、いつ観劇するか悩んでる人、お早めに決断を。
後半は混雑が予想されます!
日曜の夜の回が見易さではお薦めです。

前回の「スタークロスド」は上演台本の販売をしませんでしたが、
今回「エブリシング・マスト・ゴー」は販売しております。
セイサク渾身の表紙イラストも必見です。
劇場で是非手にとって見てください。

札幌に帰ってくる時は飛行機が超揺れて命をすり減らしました!
人生で一番揺れましたね、確実に。
でも添乗員さんが普通にしていた所をみると、案外茶飯事なのかも。
弦巻と役者の佐藤はビビって具合を悪くしました。

そんなアクシデントにもめげずに公演は続きます!
水曜まで!
是非一度、(と言わず2度3度)劇場にお越しください!

 | HOME | 

Calendar

« | 2008-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。